【LIFE STYLE in FUKUOKA 福岡の暮らし。#7】土地のエネルギーを感じる 健やかな暮らしを実現

太宰府市出身の座親さんと東京で生まれ育った郷古さん。
ふたりのセンスが融合した
すてきなご自宅を訪ねました。

それぞれの世界観が交わり合う心地よいリビング

太宰府は座親さんの地元。子どもの頃から慣れ親しんだ土地だったが、福岡市内の中学に通い始め、大学時代、社会人時代は福岡の市街地に近いエリアに暮らしていたという。「大学を卒業後はアパレルショップでバイヤー兼ディレクターをしていました。当時は半年から1年先を追いかけるような仕事で、最初の頃は楽しかったけれど、徐々に違和感を覚えるようになったのです。退社して独立するときに、その違和感を解消しようと、季節を感じられるところに住みたいと思うようになったんですよね」と、座親さん。
そんなときに思い出したのが、太宰府のこの部屋のこと。ご両親がいずれ住もうと考え建てた物件だったが、誰も住まないまま11年が過ぎていたという。「ここに住みたいと言ったら、最初は家族に反対されました。わざわざそんな田舎に住まなくてもいいんじゃないかって。けれど、実際に住んでみると、とても快適なんです。朝、四王寺山の方に陽が昇るのが見えたり、夜の凛とした空気だったり。土地のエネルギーを凄く感じますね」。
そんな座親さんは、ここで暮らし始めてしばらく経った頃、後にご主人となる郷古隆洋さんと出会い、福岡と東京を行き来する生活を送っていたそうだ。座親さんは福岡、郷古さんは東京にそれぞれショップを構えており、郷古さんは東京と福岡を行き来する生活を送っている。「太宰府はおおらかでいいですね。近くにJAの直売所があるのですが、野菜が安くて美味しいんです。食べることが福岡に帰ってくる楽しみになっています」と、郷古さんは嬉しそうに話してくれた。

国内外のさまざまなおもちゃや絵本が揃う息子さんのコーナー

それぞれの世界が交わり
どこにもない絶妙な空間が生まれる

座親さんが一人暮らしだった頃、このリビングは、白や黒、スチールなどで統一された、シンプルで色味のない空間だったそう。「私はもともと、バウハウスなどのモダンなモノや北欧のデザインが好きでした。一方、彼はミッドセンチュリーや日本の古いモノが好きなんです。ミッドセンチュリーや日本のモノって、色のあるものが多いんですよね。私自身も、色のあるものは好きなんですけど、自分ではなかなか取り入れられずにいて。彼とお付き合いするようになってしばらく経った頃、突然、東京からとんでもない量の荷物が送られてきたことがありました。1つ、また1つと彼の好むテイストのモノが増えていく中で、自然に彼のエッセンスがミックスされ、私が理想としていたカタチにグンと近づいたんです。私一人ではできなかったスタイルの空間になりました。彼の世界と私の世界が交わるところが好きなんです」。
一方、広々としたリビングの一角には、2歳の息子さんのためのコーナーが設けられている。「彼も私も、いつ使うかわからないままに子どものモノを集めていたんです。子どもが生まれて、ついに使うときが来たなぁという感じなんです」。おもちゃで遊んだり、絵本を読んだり。ときには机が、電車の通るトンネルになっていたり。息子さんは自由な発想でさまざまなモノに触れている。

史があり、自然が豊かな
太宰府の暮らしを楽しむ日々

11年前にご両親が建てたビルの一室。真っ赤なシステムキッチンやクラシックな猫足のバスタブは、座親さんのお母さまがセレクトしたという。一人暮らしから二人暮らしになり、現在は息子さんとの3人暮らし。寝室のベッドは赤、あちらこちらに置かれている椅子も青や黄色などのカラフルなアイテムも多いが、それらがしっくり馴染んでいるところに、二人のセンスを感じずにはいられない。
そんな二人は、昨年、太宰府天満宮の参道から少し入ったところに、仕事の拠点を移した。郷古さんは今も東京との二拠点生活だが、太宰府に帰ってくるとホッとするという。「朝起きたときに、今日は山に雲がかかっているから雨が降りそうとか、暗いけど雲がかかってないから晴れるかなとか。私が子どもの頃に母が何気なく言っていたことを、こういうことだったんだ!と感じるようになりました。歴史があって、自然も豊かで。心身ともに健やかな日々を過ごすことができています」。季節を感じ、この土地で育った野菜を味わう――当たり前のようで、実はとても贅沢な暮らしがここにある。