【LIFE STYLE in FUKUOKA 福岡の暮らし。#6】時間と距離の感覚が ちょうどいい街

「今が理想的な暮らし」と話すのは
関東から移住して9年目に突入した成田さん。
福岡の暮らしがどのように魅力的なのか
休日のご自宅で話を伺ってきました。

家賃は1/3になり
生活満足度は20倍になった

東日本大震災をきっかけに東京を離れることを決めた成田さん。「まずは本州を出ようと考えました。友達が暮らしている街がいいなと思い、福岡と鹿児島が候補に上がったのですが、ある程度都会がいいと考えていたので、福岡に住むことに決めました」と、成田さんは当時を振り返る。
福岡で暮らし始めたのは2012年のこと。この1月から9年目に突入した。成田さんは福岡のことを「時間と距離の感覚がちょうどいい街」だと感じたという。「引っ越してきたばかりのときは、ゆっくりとした流れだなって感じました。何かを決断したり、メールに返信したり、集合時間だったり。東京は速すぎると感じていたので心地よかったですね。また、どこへ移動するにも自転車で行けますし、15分以上要することは殆どありません」。東京では車中心の生活だった成田さんだが、福岡で暮らし始めてからは車を手放し、自転車や公共交通機関を利用している。
現在の住まいは大濠公園のすぐ近く。リビングからは、公園を走る人たちが見える。「走っている人って、前向きでマイナスの要素がなく、見ていると元気になりますよね。この物件に決めたのは、いつまでも変わらない場所に住みたいと考えたからです。天神周辺はビッグバンなどの開発が進んでいて、少し騒がしくて。ここは、目の前が公園で景色がずっと変わらないという安心感があります。また、日当たりが良すぎないというのもポイント。ずっと日が入っている家って、ちょっと疲れるんです。ここは午前中の1、2時間程度、いい感じで光が入ってきます。かといって暗すぎず、風もスーッと抜けるので、とても気持ちいいんですよ」。
自宅での暮らしが心地良すぎて、成田さんは外出が減っただけでなく、仕事場を薬院から大手門に移してしまったほど。通勤も自転車で5分。通勤路は大濠公園という。「東京時代の約1/3の家賃で、生活満足度は当時の20倍。今は、理想的な暮らしができているという実感があります」。

大きめのダイニングテーブルの周辺には成田さんが愛用する名作椅子たちがズラリ!

自宅はインテリアの実験の場
自分のセンスで付加価値を高める

グラノーラの製造販売を行なう『FRUCTUS』と並行して
インテリア・家具の輸入・販売を行なっている成田さん。
自分で実際に使うことで、説得力を持って勧めることができるそう。

引っ越しをするたびにテーマを決めて家具を入れ替えるという成田さん。これまでは、北欧やミッドセンチュリーなどをテーマに空間をつくってきたが、今回は80年代後半のイタリアのインテリアを中心に配置した。「イタリアの家具はまだそんなに人気もなくて、価格的にも高くないんです。ただ、イタリアだけにしてしまうと硬い印象になるので、『ライトイヤーズ』で購入したラグなど、プリミティブなものと組み合わせてみました」と成田さん。現在もインテリア家具の輸入・販売業を行なっているが、自宅は実験の場でもあるという。「自分が使わないと説得力がないですからね。インテリアはトレンドがありますが、僕はそういうのが好きではないんです。流行りのものをオークションで買い付けて販売すれば確実に儲かるんですけど、それだと面白くないでしょ。僕は自分のセンスで付加価値を付けていきたいんですよね」。日本で初めてのデザインのオークション会社を主宰したり、グラノーラブームを起こしたり。成田さんは、さまざまな分野における先駆者であることを楽しんでいる。
「インテリアの仕事もそろそろ本格的に再開していこうと考えています。しばらくは店舗を持たず、展示会などを開催するカタチで準備を進めているところですね」。これまでも、0から1を生み出してきた成田さんの新たな試みに、期待が高まる。

普段は一人暮らしだが、週末は息子の才紋くんとの同居生活を送っている。「才紋は映画監督をめざしていて、InstagramやYouTubeで作品を発表しているんですよ」と、嬉しそうに話す成田さん。カメラを手に大濠公園を散策したり、バスや電車に乗って撮影に出かけたりと、穏やかな休日を過ごしている。
「実は、少しずつ福岡に窮屈さを感じ始めてきたんです。福岡が嫌になったワケではなくて、少し行き詰まりを感じているといいますか。ちょっと違うものを見てみたくて。これからは、才紋の才能を伸ばすこと、活躍をサポートすることが、僕の生活の中心になっていくと思っていて。次はドイツで暮らすことを視野に入れています。才紋が映像を学ぶ環境としても魅力ですし、今から始めようとしているインテリアの仕事もできますし。福岡では人に救われました。その経験があるから、ドイツに行ってもいろんな人と出会えれば、サポートしてもらえるという自信のようなものがあります」。
東京から福岡、そして世界へ。成田さんはその土地の人々と出会い、新しい価値を生みながら、自分らしく、その街での暮らしを楽しんでいくのだろう。

「1日の中で1、2時間だけ自然光が射し込むんです。そのくらいがちょうどいいですね」と成田さん

グラノーラと並行しながら
インテリアの仕事を再始動!

現在は成田さん一人で製造・加工を手がける『FRUCTUS』。
並行してインテリアの輸入・販売事業を行なってきたが
2021年春の展示会開催に向け、本格的な活動をスタートする。

2010年4月、東京・千駄ヶ谷にジューススタンドとしてオープンした『FRUCTUS』。ほどなくして、ジンジャーコーディアルやグラノーラの販売をスタートさせ注目を集めるようになる。「1ヶ月に40誌の取材を受けたこともありましたね。当時は、手作りのクラフト的なグラノーラがなかったので珍しかったのでしょう」と、成田さんは謙遜する。順風満帆なスタートを切った『FRUCTUS』だったが、オープンから1年足らずの2011年3月、東日本大震災が発生。成田さんは福岡で暮らすことを決めた。福岡では加工所内にイートインスペースを設けたり、ジンジャースタンドをオープンさせたりと、活動の幅を広げていったが、現在は加工所を大手門に移し、成田さん1人で製造・加工を行なっている。「最近は卸とオンラインショップが中心です。1人ですし、インテリアの仕事もしていますので、この量が精一杯ですね」。
一方、26歳のときにチャーナーチェアの代理店を始めたことを皮切りに、インテリアやアートの世界で活動をスタート。28歳のときに目黒に「ローレイダー」というショップを持ち、北欧ブームの火付け役に。34歳のときには日本初のデザインオークション会社を設立するなど、さまざまな活動が注目を集めてきた。『FRUCTUS』を始めてからも、アーキテクチュラル・ポタリー社の輸入代理店として活動したり、飲食店の椅子をセレクトしたりと、インテリアの分野での活動を行なってきた。「そろそろ本格的にインテリアの仕事をしようと考え、トーネット社(チェコ)とアノニマ・カステリ社(イタリア)の輸入代理店を始めました。あと、イタリアの古いものも少しずつ集めています。1年後くらいに展示会ができるよう、準備を進めています」。2つのジャンルで活躍する成田さんの、これからの活動に注目が集まっている。