星和住研の家づくり哲学、
すべてお話しします。

北九州市で創業して40年以上。地元で愛される工務店に生まれ育った
[星和住研]の河原代表に訊く家づくりの哲学。現場を愛し、
仕事にも愚直に取り組む姿勢に若い世代からの依頼も増えています。

和の要素を巧みに取り入れつつ、現代のライフスタイルに合う設計が魅力

全力でいい家を建てる
お客様にも覚悟が必要

「家づくりは、誰かの夢をかなえる仕事。住む人も、建てる僕らも、どちらも楽しいものにしたい。どちらも思いきり楽しむからこそ、いい家になるんです」。
幼い頃から職人の仕事を間近で見て育ってきた、[星和住研]の代表・河原淳さん。愚直なまでに技を磨き、理想の仕事を貫く。そんなプロフェッショナルの仕事には、住宅というジャンルを越えてリスペクトする。
今でも根っからの現場主義。家やデザインの話を始めると時が経つのも忘れるほどだ。
「信頼する職人たちとの仕事は、どの現場でも全力投球。星和住研は、一年間に建てられる家の数も決して多いとは言えません。ですから、私たちとしても一緒に全力を出しきってくださるお客様とタッグを組みたい。誤解を恐れずに言うとしたら、“いい家を建てる覚悟があるお客様”とお会いしたいんです」。
“いい家を建てる覚悟”と、きっぱり言いきる。それは、河原さん自身に家づくりに対する覚悟ができている証しだろう。
「家って決して気軽に買えるものじゃありません。金額的に大きいのはもちろんですが、何よりも建てる人の夢や希望や理想が、たくさん詰まっているものですからね。私たちはまず、家を建てるというお客様の大きな決断に心から敬意を払います。そして、期待にお応えし得る材料と技、情熱を惜しみなく出し尽くします。自分たちの仕事にはこだわるし、本気でやるから熱くなるのが当たり前。そんなの面倒だとか、質なんてどうでもいいから、とにかく早く、安く建ててくれ、などというテンションだったら、うちに頼まない方がいい。覚悟って、そういうことです」。
けっして難しい話じゃない。たとえば、洋服にしても車にしても、自分の持ち物を選ぶとしたら、あなたは「質の確かなものを吟味して、長く使いたいタイプ」だろうか、それとも「デザインなんて二の次。安けりゃいいタイプ」だろうか。前者ならきっと、[星和住研]と楽しみながら感動的な家づくりができるはずだ。

美しい仕上がり支える
職人の「手刻み」技術

[星和住研]は昭和55年、北九州市に創業した工務店だ。日本の自然が育んだ木という素材に心底惚れ込む先代がこだわったのは、「手刻み」という技術だった。職人が木材1本1本のクセを見極め、使う場所を決めて墨付けをし、加工する、伝統に基づく職人技だ。
「現在の日本の住宅でこの技術が用いられているのは、全体のわずか1%ほどと言われています。星和
住研の家は全棟が手刻み加工。大
工が1本の木の状態からじっくりと時間をかけて家を建てていく。1棟にかける時間も愛情も違います」。
創業から40年以上という歳月をかけて、[星和住研]は大工や左官など一流の職人たちとの信頼関係を築き上げてきた。
「職人チームとの信頼関係は、お客様の期待に100%以上お応えする上で欠かせない、私たちの財産です。数は少なくてもお客様にも参加してもらってワン・チームでいい家を建てて、完成した時にみんなで喜びや感動を分かち合える。そんな家づくりをしています」。
いい素材、いい技、いい時間…様々ないいものを、住む人と建てる人とみんなで共有し、共感し続けている。だから、[星和住研]の家づくりは、完成がゴールじゃない。その意味は、[星和住研]が設けている『OB訪問』という時間からもよく分かる。
「OB訪問は家づくりを検討している方がうちで家を建てたお施主さんに直接アドバイスを聞けるチャンスです。ありがたいことに、うちには『ぜひ、わが家を見に来てください』と歓迎してくださるお施主がとても多いんですよ。完成したばかりの家はきれいで、輝いて見えるのが当たり前。けれども、本当の価値は長く住んでこそ見えてくるもの。私たちもお客様との長いお付き合いの中で、いい歳を重ねてきた家を数多く拝見できています」。
いい歳を重ねてきた家は、歳月を重ねた分だけ柱や床の色艶が味わい深くなっている。庭に植えた樹木も生長し、豊かな緑や実りで暮らしにうるおいを与えてくれている。家をめぐる物語は本来、こうして完成後もずっと綴られていくものなのだろう。
「その家に楽しい思い出があれば、必ず子どもたちも家を大切にするんだと、お客様を見ていれば、分かります。家は家族みんなが育つ〝箱”。だから私たちも一所懸命、建てるんですよ」。

新築もリノベーションも
家づくりへの想いは同じ

[星和住研]の家に、決まった仕様は、ない。もう40年も、1棟1棟、施主のニーズや建てる土地に合わせて設計し、施工を行ってきた。
今、その[星和住研]に、20代、30代の若い世代からの依頼が増えている。「多少値がはっても、本当に良い素材で、長く安心して飽きずに住み続けられるいい家を建てたい」。そんな若い世代が[星和住研]の愚直で誠実な家づくりに注目しているのだ。
「うちの家づくりの窓口は、私だけ。何もかも包み隠さず、お話しします。たとえば断熱材。どの断熱材にどのような特徴があるのか、長所や短所もすべてお話しをして、一緒に検討します。当然、設計の打ち合わせにかける時間も、長くなりますね。どんな家族が暮らすのか、何が好きで、何を大切にしたいのか…お施主さんとはとにかく何度もお会いして、いろいろな話をお聞きします。すべて家づくりのヒントになりますからね。私自身、古い車のデザインやソリッドな質感が大好きなので、ついつい話が脱線しちゃうこともありますが(笑)」。
きちんと助走期間を設けるから、いい家ができる、と河原さん。どのジャンルでも、〝いい仕事”を支えているのは確かな準備だ。
また、[星和住研]は新築だけでなく、『リノベーション』にもずいぶん前から取り組み、高い評価を得ていることも伝えておきたい。
「リノベーションは新築よりも制限が多く、手間もかかります。他社で断られたのでお願いできないか、とご相談にいらっしゃったお客様も多いですよ。私も職人さん達も、家づくりは手間がかかって当然だと思っていますから、特にリノベーションは現場ごとに違いますから、よほど家のことが詳しく分かっていないと良いものができないんですよ。新築ではなくリノベーションをご希望のお客様とは、物件探しからお手伝いしています」。
最後に河原さんから読者へのメッセージをお願いした。
「星和住研の家は美しい。よくそう褒めていただきます。私たちがめざしているのは、飾り立てた美しさではなく、シンプルで印象に留まらないような美しさ。目線はスーッと流れてもかまわない。それでいて、どうしてこの空間はきれいなんだろう、心地いいんだろうと思っていただけるような家。そういう家がきっと、時間が経っても飽きのこない家なんだと思うんですよね」。
職人の技は息づいているが、それをこれみよがしに押し付ける家ではない。理由は分からないけど、美しいと感じる。安心できる。長く愛し続けていきたくなる。そんなわが家が、地方の工務店──[星和住研]で実現できるのだ。家づくりに熱い想いを持っている人は、ぜひ扉を開いてほしい。

星和住研株式会社 代表取締役
河原 淳さん