【humming joeに聞く】北欧の名作・良品にまつわる 知られざる「モノ」がたり vol.07

背景を知ることで、そのモノがより魅力的に見えてくる。
隠れた秘話や買い付けで得た北欧事情などを交えながら、
「ハミングジョー」の店主やスタッフが良品の魅力を教えてくれるシリーズ第7弾です。


今回は、デンマーク家具の巨匠『ハンス・J・ウェグナー』のヴィンテージチェア&ソファについてお届けします。まずは1シーターの紹介から。一人暮らしはもちろん、家族でくつろぐリビングなどで活躍するアイテムです。

カンファレンスチェア(オーク)


▲カンファレンスチェア(オーク)W62×D46×H79cm 5万5000円
ソファとチェアの中間のようなコンパクトで丁寧な造りが特徴。ファブリックは〈リバコ〉で張替え済み

赤色が効いた「カンファレンスチェア」は、直線的なフォルムが印象的でコンパクトなサイズなので、日本の住空間にも馴染んで日常で使いやすい良作。ウェグナー初心者におすすめです。

1シーターソファ「GE240」(オーク)


▲1シーターソファ「GE240」(オーク)W70×D78×H80(座面まで42)cm 27万7220円
別名シガーソファ。葉巻に似た形のアームがチーク、その他はオークを使用。〈クヴァドラ〉のハリンダルシリーズで張替え済

ロイヤルブルーのチェア「GE240」はGETAMA社の代表作であり、現在では生産中止になっている希少な作品。とりわけ流線型のアームや丸みのある脚が美しく、ウェグナーらしいデザインを好む方に人気です。スプリング内包の安定した座り、立ち上がりやすさにも優れています。

イージーチェア(ビーチ)


▲イージーチェア(ビーチ)W66×D70×H91(座面まで43)cm 14万5000円
持ち運びしやすく実用性のあるシンプルデザインが若年層に人気。程よい弾力のクッションシートの生地は張り替えなしで使用。

モーエンセンと共作と言われ、スポークバックと同じシリーズは、ストライプのイージーチェア。フリッツ・ハンセンで製造されていたもので、クッションの生地は状態が良かったためあえて張替えず使用しています。デンマークの伝統的な柄を楽しめるのもヴィンテージの醍醐味。ゆったりとした座面と肘掛け、セミハイバックの背もたれと沈み込み過ぎないシートの硬さも特徴で長時間座っても疲れません。背中のクッションを外せば、ウインザーチェアのようなスピンドルに。夏場はすっきりと使えます。

3シーターソファ「GE2903」


▲3シーターソファ「GE2903」W180×D85×H74cm(座面まで40cm) 45万5080円
座の延長に後脚があり、体をゆったりと預けられる。『デニッシュアートウィービング』のNICEシリーズで張替え済。

そして、3シーターのソファは平らで直線的なアームや特徴的なシルエットで愛される代表作「GE2903」。アーム部分が木のため、すっきりと見えて「リビングにはやっぱりソファ」という方に圧倒的な人気です。
ソファと一言でいっても、フィット感や安定性、立ったり座ったりが楽かどうか、読書やテレビを楽しみながら自然な姿勢でくつろげるかなど、目的に合ったアイテムを取り入れることが大切。張り地も空間の雰囲気に合わせて、ウェグナーのオリジナルにも使われているデンマーク製の〈クヴァドラ〉をはじめ、耐久性が高く豊富なバリエーションのファブリックから、お気に入りを見つけてみてください。

●教えてくれた方

humming joe
オーナー
赤星博子さん

北欧・イギリスへ年3回買い付けの旅へ出かける中、最近は教育と福祉の水準の高さで知られるフィンランドの魅力を再認識。ブログで、北欧情報や家具について発信中。

humming joe ハミングジョー

TOPICS

4つのテナントショップがOPEN!
ベーグルカフェ、器、リネンの衣服、革製品…本店の隣に誕生した別棟でもショップ巡りを楽しんで。

福岡県糸島市二条浜窪179-1

TEL:092-325-3690

営業:11:00~18:00

休:水曜(祝日の場合は翌日)

https://www.hummingjoe.com/