お客様の想いをカタチにした
光と風を感じる木の家づくり。

安心感のあるサポートで マイホームの夢を実現する

八幡西区で木造住宅をプロデュースする[アスカホーム]。 お客様とじっくり向き合い、心配事を解決しながら、 家づくりを通して信頼関係を 築いてきました。実績豊富な建築家、 熟練した職人とチームを組み、 想いをカタチにしていきます。 物心ついた頃からモノづくりが好きで、建築の道に進んだ赤松さん。「お客様、建築家、職人さん、会社が想いを一つにして、一緒に家をつくっていく。それがこの仕事の魅力ですね」と語る。 顧客が家に求めるものは、建物ではなく理想の暮らし。家族の健やかな成長や将来の安心感など、目に見えない想いを叶えるために家を建てる。それをしっかり受け止め、さまざまな心配事を解決しながら、全体をコーディネートしていくのが赤松さんの役割だ。 初めて家づくりを考える顧客のために、「賢い家づくり勉強会」や完成見学会を定期的に開催。安心して家を建てられるライフプランのシミュレーション、資金相談を丁寧に行ったうえで、きめ細やかな住宅計画を立てる。一つひとつのプロセスを大切にして、誠実に向き合う姿勢が多くの顧客から支持されている。 「家づくりは人生に関わる責任のある仕事です。デザイン、工法、値段はもちろん大事ですが、一番求められているのは安心感だと思うんですよ。お客様のより良い未来をつくるために、できる限りのサポートをさせていただいています」。

質の高い建築家の設計を 手に届く価格で提供

[アスカホーム] の家づくりに欠かせないのが、建築家の存在。「住宅の設計に精通した建築家は、家の中だけではなく、外の景色や風向きなども味方につけてデザインをします。さらに将来の家族の状況、周囲の環境の変化も見据えて、最適なプランを提案します」。  地域に根差した工務店ならではの柔軟な対応ときめ細やかなサービス、熟練した職人との太いパイプ。そこに建築家の智恵が加わり、高いクオリティとコストメリットを兼ね備えた家が建つ。 「ご縁をいただいたお客様に、得をしてほしいんですよ。ここに任せたら間違いないと言われるよう、自分自身もさらに成長していきたいですね」と話す赤松さん。真摯な気持ちで当たり前のことを大切に、安心して長く暮らせる家づくりに取り組んでいる。