快適で身体にやさしい
『魔法瓶断熱』の家。

[想家工房]がつくりあげた『魔法瓶断熱』は 太陽の光や熱、風をコントロールし、 高断熱・高気密・計画換気で家全体の温度差を 3度以内にすることを実現している。 心地よくて、身体にやさしく健康な家。 代表・上田辰也さんに家づくりのお話を聞いた。

家族の健康を守る家 家族の想いをカタチに

「お客様のお嬢さんからいただいた喜びにあふれたお礼の手紙。それが『この仕事を一生の仕事にしたい』と思った原点であり、『お客様の想いをカタチにする家づくり』を目指して命名した想家工房の原点でもあります」と語ってくれる上田さん。『魔法瓶断熱』も、単なる商品の開発ではなく強い想いから生まれたものだ。「私の母はヒートショックが原因で倒れ、3年後に他界してしまいました。ヒートショックがなければまだ元気で生きていることができたかもしれません。家族みんなが安心して暮らせる家をつくらなければならないと思ったのです」。そうやって生まれた『魔法瓶断熱』の家は高気密・高断熱を実現し、夏は涼しく、冬はあたたかい。無垢材など自然素材を使った身体にやさしく、快適な家は経済的にも優れ、2020年までにすべての新築住宅に適用される予定だった省エネ基準を10年前には既にクリア。高い基本性能をベースにお客様それぞれの想いをカタチにする。どんなに細かい質問にも理路整然と答え、資金計画まで提案してくれる上田さん。「うちは穴場の工務店です(笑)」と言うが、お客様に同業者も多いことからその仕事に間違いはない。

すべてに関わる上田社長に 直接なんでも話せる安心感

「リビングの木の壁を見ているだけでも和みますね(笑)。私たち2人はインテリアの趣味が一緒で、ブルックリンスタイルの雰囲気が、本当に気に入ってます」とKさんご夫妻。開放感のあるリビングの吹き抜けと、吹き抜けの上まで続く杉材の壁が印象的だ。[想家工房]と出会ったお二人は、土地探し、設計、資金計画、施工、メンテナンスまで家づくりにトータルに関わる上田さんに、信頼と安心を感じられていたとのこと。「上田社長と直接お話ができるし、とても話しやすかったのがよかったですね。予算のことも心配でしたが、親身になって相談にのっていただきました」。リビングとダイニングに置かれている2つのテーブルはこの空間に合うように造作されたもの。[想家工房]の住空間への情熱はいたるところに注がれている。雰囲気が「私たちの好みにドンピシャです(笑)」というお二人は住み心地にも満足しているとのこと。「昨年3月から住み始めましたが、マジ、カイテキです!」。波彫りしたブラックチェリーの床もお気に入りとのことで「家ではみんな裸足です。スリッパは捨てちゃいました(笑)」。ペタペタペタ…裸足で駆け回る娘さんも楽しそうだ。

暮らしやすくて心地よく 経済的なマイホーム

上の娘さんがアレルギー体質だったことも家づくりを考えた理由だったというFさんご夫妻。「想家工房さんの事務所に行った時、娘が気持ちよさそうにすーっと寝入ってしまったんです。想家工房さんを選んだ決め手でしたね」。身体にやさしく、快適な家づくりをすすめる[想家工房]の実力が証明されたエピソードだ。平屋と家事がやりやすいことを希望された奥さまの希望は、家事室や、部屋干しスペースとその横にある収納などを動きやすい家事動線上に配置することで実現。お姉ちゃんの「私の部屋を」、ご主人の「和室スペースを」にも、しっかり対応。家全体を白色と木をベースにしたすっきりとしたデザインにおさめることで、暮らしやすさと高いデザイン性を両立している。冬でも脱衣所やお風呂まで暖かい『魔法瓶断熱』の家は経済的にも優れているとのことで、「天井が高い大空間ですし、以前に住んでいたアパートの倍くらいの広さがあるのですが、真夏でもエアコンは1台でよくて、電気代が安くなりましたね」。最後に上田社長の印象を一言。「ちょっと変わった人ですが(笑)、家づくりにものすごく真剣に向き合っている熱い方です!」。

マイホームを持ちたい すべての方のために

「〝家を建てたいけど資金面でちょっと…〟という方にもイメージしやすい家だと思います。標準仕様でも一般的には十分な機能ですが、当社は気密性を高めるなどして、『魔法瓶断熱』の想いと経験・技術を注いでより性能をあげています。注文住宅の良さもありますが、これも住まいの一つの形です。家賃程度の支払いで家を持つことが可能になります」。“マイホームを持ちたい”というすべての方に応えたいと、上田さんは考えているのだ。「耐震強度も十分、住み心地、機能や装備などを考えるとコストパフォーマンスの高い家です。 〝価格を考えるとたいしたことないだろう〟という気軽な感じで来てください。きっと断熱性や気密性に驚かれると思いますよ!」。モデルハウスの横には西鉄大牟田線が走っているが、取材に訪れた取材班もその静粛性には驚いた。
家づくりが大好きな[想家工房]チーム(上田さんは左から2人目)。相談時、施工時、引き渡しの後、様々な場面でいつでも何でも相談できる頼もしいプロ集団だ。「お客様の家への“想い”を実現できるようにいつでも全力投球することをお約束します!!」