品質にこだわり
想いをカタチにする。

アーキテックスハウジング
代表取締役
栗山 浩さん

意匠美と機能美を融合させた 高品質の家づくりを実践

家づくりを楽しみ、住み始めた後も暮らしを楽しんで欲しいという想いを込め、「もっと、住まいをおもしろく」をテーマに掲げる[アーキテックスハウジング]。社長の栗山浩さんは、大手ゼネコン出身の技術者で、品質にこだわった家づくりを行なっている。
新店舗はシックな男前な空間とナチュラルな空間に分かれており、さまざまなテイストを感じることができる
「設計士の感性で意匠的な家はできるけれど、品質までこだわっているビルダーはそう多くないんです。というのも、品質に関しては施工を行なう職人さんたちの裁量に委ねられているところが大きくて。職人さんたちの賛同を得て、現場を高い水準で管理する能力がなければ、品質の高い家にはなりません」と栗山さんは言う。 そんな同社では、長期優良住宅認定仕様を標準に据えるだけでなく、国際規格指針に沿った現場施工品質監査システムを導入し、国家資格を有する現場監査士が第三者監査を実施している。 「長期優良住宅の認定は設計図ベースで行なわれますが、その後、その設計図通りに建てられているかを確認されることはありません。私たちは第三者に監査を委ねることで、設計図通りの建物ができていることを証明しています」。

住まいのパートナーとして 豊かな暮らしをサポート

[アーキテックスハウジング]では引き渡しの際に、地鎮祭から完成までを映像にまとめて施主にプレゼントしている。 「先日も、お引き渡しのときに施主様と一緒に映像を見て涙が止まらなくなってしまいました」と話すのは、設計担当の永富陽平さん。同社のスタッフに共通するのは、お客様の喜びを自分の喜びとして捉えていることだ。新築のみならず、リフォームやリノベーション、不動産までをワンストップで提供するのも、それぞれのお客様に最適なサービスを提案したいという想いがあってのこと。同社のお客様の中には、大手ゼネコンの社員や数多くの現場を見てきた職人さんもおり、同業者からの信頼が厚いことからも、同社の真摯な仕事ぶりが見て取れる。 「家づくりは引き渡しをしたら終わりではありません。私たちはお客様の暮らしを豊かにすることを主軸に置いているので、住まわれた後も豊かに暮らし続けていけるよう“住まいのパートナー”としてサポートしていきたいと考えています」と話す栗山さん。安心して長く楽しく暮らし続ける、そんな家づくりを実践している。