熊本県産材の香り、色ツヤ
美しいわが家はふるさとの誇り

家族の思い出がたくさん詰まった住まいを 熊本地震で被害を受けたUさんご一家。 [エコワークス]とともに家づくりに取り組み、 今、ゆっくりと少しずつ かけがえのない日常を取り戻しています。

耐震性へのこだわり
自然環境への想いに共感

築67年。家族の思い出が詰まった大切な自宅が熊本地震で半壊に。前の向き方も忘れるほどの喪失感。それでもUさんご夫妻は1日も早く新たな住まいを確保しなくてはならなかった。

住宅展示場をまわり、ハウスビルダーを探し歩くこと約1カ月─家づくりのコンセプトや素材の面でおふたりが共感した会社が[エコワークス]だった。

「地震の後でしたからエコワークスの耐震性へのこだわりは大きな安心材料でした。また、熊本県の森を守りながら県産材を家づくりに活用している点もすばらしいなと感じましたね」。[エコワークス]が使う木材は、熊本県球磨地方の山で育ち、伐り出した後、自然の力でじっくりと乾燥させる天然乾燥無垢材。人工的に乾燥させたものよりも香りが良く、色ツヤも美しい。

「熊本県産材の家で、とても気持ちよく暮らせています。敷地内にあった以前の住まいから、毎日工事の様子を見ていたので分かるのですが、天井裏や床下など、見えない部分にも立派な木が使われているんですよ。それはもう、隠すのがもったいないくらいに! 熊本の人間として誇らしい気持ちになりますね」。

足元からあたたかい家
「健康寿命ものびそうです」

シンプルな切妻屋根が美しい。外壁は周囲の自然と調和する茶色。長い庇が風雨から建物を守る

Uさんご一家が新居で暮らし始めた3月上旬はまだ霜が降りるほど寒い日も。「それなのに、家の中は暖かく快適でした」とご夫妻は振り返る。

「その理由は…」と案内されたのが、廊下の収納に設置された一台のエアコン。[エコワークス]は、このエアコンを使って家のすみずみまで、足元からあたためる「床暖房」を推奨している。

「床暖房のおかげで、どの空間も温度差がなくて快適。健康寿命ものびると思いますよ。断熱性が良いから、一度暖めるとずーっと心地よいぬくもりが続いてね。〝ホントにこの家はよかね~〟って、みんなが笑顔に。エコワークスさんの家に出合えて、一歩も二歩も前に踏み出すことができたと思っています」。この嬉しい言葉は、ふるさとの一日も早い復興を願う[エコワークス]の元気の源だ。

LDKとつながる和室は白木のやさしい表情を活かした上品な空間。洋室とも一体感のある設えが魅力

家づくりのプロの方々と
出会えたご縁が大きな財産

家が形になっていく様子を毎日見ながら暮らしてきたUさんご一家。「大工さんや左官さん、 などの職人さんや、エコワークスのスタッフの方々…現場にいらっしゃるいろいろな方と毎日お話しをして、プロのお仕事ぶりを間近で拝見できたのはとてもいい経験でした。家を介して皆さんと出会えたことは大きな財産です」と語る。また、余震の際にも慌てず家で待機。「家の中がいちばん安全だってみんな知ってるから。安心感が違います」。

読書好きなご夫妻。大量の蔵書は廊下の造作本棚へ

半壊した元の家の解体も終わり、これからは本格的に庭づくりに着手する予定。ゆっくり、少しずつ、かけがえのない日常がまた戻り始めている。

この建築を手がけた会社

  • エコワークス 株式会社
  • 〒812-0878  福岡市博多区竹丘町1-5-32
  • 0120-370-910
  • http://www.eco-works.jp
  • http://www.eco-renovation.jp