家族の思い出が詰まった実家で また新たな物語を綴るしあわせ

父母が建てた大好きなわが家をリノベーションの力で、ふたたび大勢の家族や ゲストが集まるにぎやかな空間にしたい。Kさんの想いを受け取った[ホームランド]が 築30年以上の家をモダンによみがえらせました。

思い入れのある家だから
信頼できる会社に任せたい

リビングに向かって開かれたワイドなアイランドキッチン。2、3人並んで調理しても余裕の広さ。キッチンの横にダイニングテーブルを配置できる設計で、ここを中心に家族やゲストが集まって会話を楽しめる

 家は家族の思い出とともに生きている。家族の良い時も、そうではない時も、すべて家は受け止めて生きている。だから、家族で過ごしたわが家を取り壊すのはしのびない。どんなに歳月が経ち、古く住みづらくなったとしても、だ。
 Kさんの場合もそうだった。空き家になってしまいそうだったわが家は築30年以上。かつて不動産関係の仕事をしていたお父様がこだわって建てたその家は、漆喰の塗り壁に天窓や出窓、ゆとりある吹き抜け階段を持つ、とても洒落た造りであった。
「このまま空き家にしてしまうと、家はどんどん古くなる一方だろう。父と母の思い入れがたっぷり詰まったこの実家を、何とかもう1度たくさんの家族が集まることができるようにできないだろうか」。長女のKさんは妹さんと相談し、実家のリノベーションに踏みきった。

優しい光に包まれたLDKは28帖。床は落ち着いた印象のウォールナット風の材を採用。漆喰の壁もすべて塗り直した。さらに天井の梁は活かし、ダウンライトや間接照明を組み合わせることで現代的で洗練された印象の空間に仕上げられている

「5社のハウスメーカーに大まかな要望を伝え、プランと見積りの提案をお願いしました。ところが、プランが良くても予算が合わなかったり、その逆だったり…なかなかちょうどいい会社が見つからなかったんですね。そんな中で私たちの要望をすべて受け容れてくれたのがホームランドさんでした。対応してくださった女性スタッフさんの感性がとにかくすばらしくて。この方なら趣味が合うな、安心してお任せできるな、と確信できたんです」。
 打ち合わせが始まったのは2019年の夏。双方の話し合いは気持ちいいくらいに弾んだという。

家の機能性を現代基準に
間取りも大きく変更

キッチン側からリビングを眺めた様子。メインの壁は存在感のあるエコカラット。上部の窓は自然光を取り入れ、表の景色も絵画のように切り取ってくれる

 かつては親子5人で暮らしていたK邸。天井が低かったため、今思えば1部屋ごとにどことなく暗かったそう。しかも広さがあるだけに冬になると廊下や水まわりの寒さにも悩まされていたという。
[ホームランド]が最初に着手したのは家の健康診断だった。現代の耐震性能基準にかなうかどうか、まずは躯体の状態を細かく調査。さらに断熱材を入れ替え、外の暑さや寒さから広い屋内空間を守る設備を整えた。明るさを確保する上で欠かせない窓は、ペアガラスにすることで外気の影響を受けにくくなった。
 このような肌で感じる寒さや暑さを解消するという課題に加えて、会社を経営するKさんからは「1階はオフィスとして、お客様を招いてのびのびとイベントもできるような空間にしたい」というリクエストも寄せられていた。
 家族が暮らすプライベートスペースと、ゲストを招くパブリックスペースとのゆるやかなつながり。それが間取りを考える上で大きなテーマとなった。

洗練された広いLDKは
人が楽しく集える空間に

 戸建てのリノベーションの場合、1階の間取り変更が大事なカギを握る。K邸の場合、キッチンやリビング、サンルームがあった部分の壁を取り除き、1つののびやかなLDKに。自然光に包まれた中、アイランドキッチンを囲んでダイニングやリビングがゆるやかにつながり合う大きな空間が生まれた。
「洗練されていながら、温かみも感じられる。この空間なら、お客様を招いて料理イベントを開くこともできるし、家族や親戚が一度に集まってみんなでワイワイ過ごすこともできます」とKさんも満足の仕上がりだ。
 さらに、玄関からつながる吹き抜け階段は天井の梁や建具に使われている木の素材感を活かしつつ、アンティークの照明やアイアンの手すりを取り入れることでよりモダンで、開放的な雰囲気になった。
一方、家族の衣類を収納するクローゼットやパウダリールームなど、プライバシーを守りたいスペースは、ゲストからは見えない位置に無駄なく配されており、スマートかつスムーズな日常生活を送ることができる。「洗練されているのに機能的。細かい所にまで配慮が行き届いた空間設計は、やはり女性ならではだと思います」とKさんは話す。

リノベーションを経て
わが家の価値を再認識

 リノベーションを終えたK邸に、撮影時にはKさんご一家とお母様、妹さんのご一家も集まってくれた。
「壁紙をひとつ選ぶにしても、私たちが好きそうなサンプルをたくさん取り寄せてくださって、納得がいくまで選ばせてくれました」。「梁や天窓など父母が建てた家の面影も残しつつ、その良さを活かすために新しく梁を付けたり、天井をあえて低くして梁を目立たせたり。アンティークな魅力がちゃんと残ってる。色々な方法で元の家の個性を際立ててくださったことに感謝しています」と、それぞれにリノベーションの感想を話すみなさん。中でも、こんな言葉がリノベーションの良さを物語っている。「リノベーションして改めて、元の家の良さに気付きました。ああ、うちってこんなにステキな家だったんだなぁって」。
 かつてこの家で暮らしていた時から、子どもたちが巣立ちそれぞれの家庭を持った今までずっと、家族の誰かの誕生日には必ずみんなが集まってお祝いをしてきたKさんファミリー。今年のお祝いはリノベーションを経たこのK邸で開かれるだろう。家の物語は新しい章を迎えたが、その真ん中にはいつまでも愛する家族の笑顔があり続けるにちがいない。

この建築を手がけた会社

他の事例も見る