新モデルハウス誕生!!
てまひまの家『平屋』

〝まち(地域密着)の工務店〟を目指す[悠建築工房]。 この春にオープンした、てまひまの家『平屋』で 幅広い世代の注目が高まっている平屋の魅力を提案!

自然素材の心地よさと
平屋ならではの魅力がココに!

杉材は断熱性が高く、冬はあたたかく、夏はひんやり。一年中、裸足で触れるのが気持ちいい

  3色の外壁の重厚感から一転、自然光がふり注ぐ室内は明るく軽やか。玄関ホールから左側は主寝室や2つの子ども部屋など、家族のプライベート空間。右側は高さを持つ片流れの勾配天井が開放感をもたらす、家族が集うLDK。このモデルハウスの間取りは、30代のご夫婦とお子さん2人の4人家族をイメージしたものとのことだが、実際の暮らしも想像しやすい。家の中の移動が楽なことはもちろん、ダイニング〜キッチン〜水回りとつながる家事動線もシンプル。平屋の最大の魅力である暮らしやすさと開放感が十二分に感じられるデザインが実感できる。
 中に入ってすぐに感じるのが木のいい香りと空気のやわらかさ。床や天井に使われているのは杉の無垢材、白い壁は漆喰仕上げだ。杉の香りや手触りは心地よさとともに免疫力アップも報告されている。自然素材を原料とする漆喰は湿度を調整。また、同じく自然素材を原料とする断熱材も、高い断熱性能とともに放吸湿性を持つ。さらに24時間換気システムを取入れ、常に“空気がうまい”住環境を実現。素材等を重視し、 “家族が健康に暮らす”ことにこだわるのは、[悠建築工房]が手がける『てまひまの家』の根幹となる部分だ。

美味しい空気の中でリラックス。時とともに飴色に変わっていく越年変化も無垢の木の魅力だ

悠建築工房の想いを込めた
『てまひまの家』

『てまひまの家』が意味するのは、て〜手厚い営業サポートで『住まい』をご提案、ま〜まっすぐな想いをてまひまかけて設計、ひ〜表情豊かなインテリアとひたむきな工事技術で『住まい』という形に、ま〜マイホームを守り続けるアフターサービス。[悠建築工房]の家づくりに対しての想いをぎゅっと集めた言葉だ。この想いとお客様の「家族への想い、子への想い、愛おしい想い…」と希望が重なって、オリジナリティあふれる世界に一つだけの住まいが生まれる。家をプロデュースするのはお客様自身。[悠建築工房]は設計〜施工〜アフターメンテナンスまでワンストップで対応し、お客様の理想を実現するパートナーでありたいと願っている。
 新モデルハウスは[悠建築工房]が考える“理想の平屋”の一例。実際に訪ね、質感や心地よさを体感してみよう。まるで森の中にいるような安らぎを感じられるはずだ。そして、デザインは自由自在。お客様の理想以上のプランを提案できる日を[悠建築工房]スタッフは楽しみにしている。

リビングには一段高い畳スペースを配置。子どもの遊び場所やお昼寝スペースとして重宝する

この建築を手がけた会社

他の事例も見る