美しく、心地よく、暮らしを彩る
家が生活の楽しみ方を
教えてくれた

心から安心して家づくりを任せられるハウスメーカーを探し、 [うーの家]と出合ったMさん。同社が思い描く家づくりの世界観にふれ、 建築やインテリアへの好奇心をそれまで以上にふくらませながら、 今、理想以上のわが家で快適な毎日を楽しんでいます。

住む人の心に寄り添う
丁寧な対応が契約の決め手

見通しの良いLDK。オイル塗装を施したレッドパインの床、漆喰の塗り壁が美しい。ガレージに面する窓枠や2階の手摺りのネイビーカラ―がアクセントに

 蒸し暑いある日、訪れたM邸の扉の奥は、サラッと爽やかで清々しい空気に包まれていた。
「天然の柱や梁、壁や天井に塗った漆喰のおかげでしょうか。特に漆喰は調湿効果や消臭効果があるので、家の中の空気はいつも気持ちがいい。室内に干した洗濯物も良く乾きます」と奥さま。以前住んでいた集合住宅とはまるで違う空気感だという。
 Mさんと[うーの家]との出合いは2019年の2月。じつはその前にも他のハウスメーカーと家づくりを進めていたが、計画が途中で頓挫した経験があるという。
 「契約前の話し合いの中で、その会社を信頼できるのか疑問が生じてしまい、家づくりの難しさを痛感しました。次こそは心から信頼できるハウスメーカーを探したい。そう思っていた矢先に見つけたのが、うーの家でした。建てている家の雰囲気はもちろんいいなと思いましたし、それ以上にスタッフの方の対応が丁寧で。私たちにきちんと寄り添いながら、じっくりと話を進めてくださった。この安心感は何物にも代えがたいと感じました」。
 施主とハウスメーカーとの絆は家づくりの要。[うーの家]と出合い、改めてそう感じたとMさんご夫妻は話してくれた。

後悔する点が1点もない
理想以上のわが家

 漆喰の塗り壁に、吹き抜けのリビング。愛するバイクを手入れできるガレージがあって、家族が集まるLDKは広々としていて…と、建てたい家のイメージはある程度固まっていたというMさん。初めての打合せの日、その話を聞きながら[うーの家]のスタッフがサラサラと間取りを描いたという。「その時の間取りはほとんど現在の家の間取りでした。家づくりを考え始めてから土地だけがあった状態だったので、早く実際の家が見たくてワクワクしましたね」。
 その後、ヴィンテージ感のある浮造りの柱や梁の加工、漆喰壁へのこだわりなど[うーの家]の家づくりの話にふれるうち、「どんどんその世界観に魅了されていった」と話すMさん。「完成した家は“ここをこうしておけば良かった”と後悔する点が1つもない。理想以上のわが家です」。

子どもたちがのびのびと育つ
その安心感が何より嬉しい

 M邸を担当した[うーの家]のスタッフも、「家は住む方の個性が表れます。私たちもMさんのリクエストを受けながら、初めての意匠にもチャレンジできましたし、オンリーワンの家が完成したという自負があります」と話す。家づくりとはやはり、住む人と建てる人とが二人三脚で行なうものなのだ。
「庭づくりやDIY、ドライフラワーづくりなど、この家を建ててから新しく始めた趣味もあります。生活そのものを楽しめるようになった気がします」とご主人。この言葉を受けて奧さまも「何よりも子どもたちが元気に、のびのびと過ごせるのが親としてもありがたい。これからは家庭菜園にも挑戦しようと思っています」と言葉を添える。コロナ禍の中、家で過ごす時間が格段に増えた時期も「この家だから何のストレスもありませんでした」と満面の笑みが返ってきた。
「信頼できるハウスメーカーさんとの出合いは多分、一生ものです」と改めてご主人。[うーの家]のスタッフも10年、20年…と歳月を経てますます味わい深くなるM邸の今後を楽しみに、これからも見守っていく。

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 うーの家
  • 〒818-0132  福岡県太宰府市国分2-1-9
  • 092-408-8082
  • http://www.woonoie.com
他の事例も見る