描き続けた理想の暮らし
全てこの家で叶いました

「木の家」と言っても、思い描く画はさまざま。 けれど、それをキチンと形にしてくれる人がいる。 ゆっくり、じっくり向き合うことで得られたご縁で 理想をはるかに越えてゆく、自慢の我が家ができました。

これからの人生を共にする家
だから、妥協はしたくない

「お天気がいい時は、軒下で朝食を楽しんでいるんです」と奥さま。また一角に置いた作業台では、畑で収穫した野菜やハーブの加工を楽しんでいるそう

 「うちは転勤族。これまで2、3年に一度、引越しをしてきたんです」とNさん。その間、先々でたくさんの出会いにも恵まれ、充実した日々を送っていたが、2年前に再び地元の福岡に戻れることになったこと、また息子さんの進学も考え、ついに家を建てることに。
 まず思い描いたのは「木の家」。しかしどんな木の家があるのだろう…? 夫妻はそこから約1年をかけてリサーチ。見て聞いて、時に展示場にも足を運んだ。
「〝木の家〟とうたっているビルダーのモデルルームにも試泊しました。でも臭いで気分が悪くなって
しまうことも。木の家だからと言っ
て、全てが自然派ではないのかも…と、身をもって感じたんです」。
 そんな中、「糸島 工務店」の検索で[棟生工務店]を発見。兼ねてから工務店は近いほうがいい、という思いもあり訪問すると、社長であり棟梁でもある吉富さんの心地よい家に対する思い、また同社が建てた家に一目惚れ。
「無垢材と漆喰に囲まれた空間がとにかく気持ち良くて。毎日過ごす空間だからこそ、この『いいな』の直感を信じたいと思いました」。
 ちなみに家のイメージや間取り作りは、奥さまが昔から憧れていた設計士に依頼。素材選びなどを含む施工以降を全て、[棟生工務店]に依頼することにした。

美しさはそのままに
暮らしやすさを取り入れて

家と外をつなぐ土間のあるリビング。床材には吉富さんの提案でアカシアを。一般的なものよりも色が濃く、マットな風合いで、空間がより上質な印象に

 完成したN邸は、洗練されたリビングを中心に、ダイニング・キッチンがひと続きになった平屋。家全体の温度を調整してくれる熱交換型換気システム・マーベックスの導入により、プライベートな場所以外、ほぼ仕切りのない空間を実現することができている。また何と言っても目を引くのが、リビングの1/3を占める土間だ。
「昔の家の縁側のように、家の中と外をつなぐものが欲しかったんです」とNさん。「設計の案ではモルタルだったところを、吉富さんの提案でモールテックという自然素材に。色味も上品だし、温かみもあり、すごく気に入っています」。
 ちなみに吉富さんの〝住む人のことを考えた提案〟は他にも。
「窓もそうですね。リビングの吐き出し口は、もっと大きくとる予定だったのですが、ストーブの背面は壁のほうが安全かもしれない、とか、ダイニングの窓は元々小さかったものを大胆に広げてカウンターを作ってくれたりとか。空間全体のイメージはそのままに、これまで何棟も手掛けてきた上で得た、“より良い住まい”に関するアイデアをいくつも提案してくれたんです。もちろん、全て〝お任せして良かった〟といえるものばかりでした」。

理想の住まいを手に入れて
人生が、もっと豊かに

 2020年4月に入居して2ヶ月弱。それでも、Nさんはこの家に暮らし始めて以降、毎日が本当に充実していると言います。
「自粛期間が重なったことで、快適な家がどんなに心を癒してくれるのかを実感しました。また僕はキャンプが大好きなのですが、朝、リビングの窓を開けた瞬間、テントから出た時と同じ、清々しい気持ちになれるんです。最高ですよ」。Nさんが嬉しそうに話してくれる横で、奥さまも「大きなダイニングテーブルもやって来たので、たくさん人を招いたり、和室があるので、外国人留学生の受け入れにも挑戦してみたい。この家への転居を機に、挑戦したいことリストがどんどん増え続けているんです」。まずは、家の前の広々とした庭づくり。少しずつ着手していく予定だとか。

ダイニング窓側のカウンターはご主人のお気に入りの場所。「リモートワーク時は書斎代わりに。北向きで終日柔らかな光が入るのもいいんです」

この建築を手がけた会社

  • 棟生工務店 株式会社 梁 hari
  • 〒819-1313  福岡県糸島市志摩稲留4-1
他の事例も見る