広々リビングがしあわせの中心
「楽しい」が止まらないわが家

ともに実家暮らしだったKさんご夫婦は、結婚を機に 新居での暮らしを計画。「広いLDKやタイル使いで自分たちらしい家に」。 一度は頓挫したものの、気の合う家づくりパートナーとの出合いが、 理想の家づくりを成功に導いてくれました。

あきらめかけていた時に
出合ったワクワクの家づくり

 リビング扉を抜けると、大きな窓から自然光が爽やかに射し込み、リラックスソファを配したご家族の大好きなリビングが迎えてくれる。その奥に、ダイニングキッチンが続くLDKは、味わいのあるヴィンテージ調の家具や小物からインテリアに思い入れのあるご夫妻のセンスが一目で伝わってくる。
「小さい頃から家を建てるなら…って考えるのが好きだったんです。お年玉やアルバイトしたお金でソファを買ったりするタイプだったので、家を建てると決めた時にはもう嬉しくて」と奥さまは話す。
 幼い頃からの気持ちがよみがえるようなワクワクした家づくりを7年前に経験したKさんご夫妻は、現在、一男一女のお子さんと4人暮らし。お二人とも結婚前は実家暮らしだったことから、最初はご主人の祖母の家をリフォームして住む予定で進めていたものの、いったん断念。その後、友人の紹介で[エスプレッソホーム]と出合い、奥さまのお父さまの土地を譲り受け、新築を決めたという。
「最初にお願いしたところでは、私たちの希望をなかなか受け入れてもらえなかったんです。家づくりってこんなものなのかなって悩んでいた時に、つながったのがエスプレッソホームさんでした。代表の福原夫婦は同世代ですごく話しやすくて、例えば、前の家づくりではタイルを使いたくても『できない、使うとしても高くなりますよ』と言われ、見積もり段階ですごい金額だったのをエスプレッソホームさんは〝できますよ〟って快諾してくださって。あの時、妥協しなくて本当によかったと思います」と、ご夫婦ともに満ち足りた表情で家づくりの思い出を話してくれた。

空間を期待以上に生かす
的確なアドバイスがツボに

思い入れのある名古屋モザイクのタイルに、材木店ならではの一枚板をキッチンカウンターに使用。白タイルをとり入れた飾り棚で軽さを出して、味のある空間に

 1階は、家族の中心になる広々リビングに和室、トイレなどの水回りをまとめてレイアウト。2階は主寝室と子ども部屋、廊下を利用した本棚など、遊び心も加わった設計デザインが楽しい。家族の一番のお気に入りは、やはりみんなの気配が感じられるLDKだ。
「寝る時以外は、みんなここで過ごしています。それぞれ好きなことをしながらも、家族が一緒にいられるようにゆとりのある空間が造りたかったんです」。そう話すご主人に続いて奥さまも「子どもができる前に住み始めて、子どもができたらできたで、工夫していけるから楽しみが止まらないんです。朝も幼稚園に行く子どもたちを優先して、ごはんはバラバラに食べたりするんですけど、そんなひとときもまた幸せです」と、何気ない日常の一コマが愛おしいそう。
 もともと好きなものが明確だったご夫婦。タイル使いや照明、家具や小物なども自らスムーズにセレクト。家族写真を飾ったコーナーづくりもお手本にしたくなる。
「これも私たちの考える漠然とした空間イメージにさらにプラスの提案をして、上手に具現化してくださったおかげです」と、ご夫婦が例を挙げたのが、LDKの間取りの取り方。[エスプレッソホーム]が採用するパナソニックのテクノストラクチャー工法で「木造かつ耐震性に優れた柱のいらない広い空間」を実現しながら、ウッドデッキを組み込み、ワンルームのポイントになるコーナーも生まれた。「モデルハウスへ相談に行った時から『階段もうちは標準よりこれだけ広いんですよ』とか説明もわかりやすくて、テイストも私たちのツボにはまっていったんです」。

どこにいても家族の姿がある安心感が魅力のLDK。クラッシュゲートで揃えた家具やアイアンラダーもしっくり

豊富な材料・技術とともに
雰囲気づくりも得意ワザ

 標準仕様の住まいが予算内でオーダーでき、タイルなどの素材をプラスしたり、ゆとりも生まれたというKさんご夫妻の家づくり。ニッチや棚などの造作も希望や必要に応じて細やかに対応してくれるなど、コスト面の調整や柔軟な対応の秘訣はどこにあるのだろう。
 [エスプレッソホーム]は、以前、バリスタだった福原さんが家業の材木店を継ぎ、付けた屋号。カフェの経験と材木店のバックボーンが強みであり、材料や腕利きの職人とのつながりがあるから、細々した点も融通が利くという。
 立ち上げから3棟目に建てたK邸をきっかけに、その後、Kさんご夫婦の友人宅も数軒手がけることに。駆け出しだった[エスプレッソホーム]にとって、ターニングポイントになったそう。家を建てた後もメンテナンスはもちろん、K邸の食事会に招かれたり、友人のような付き合いで縁を育んでいる。
 自分たちの家だから思いのまま、心のままに。何でも相談できるパートナーとの出合いから、大満足のマイホームを実現したKさん一家。感謝が宿るご主人の言葉も印象的だった。「最初は、軽自動車を買う予算で高級車を買いたいという様な無謀な要望なのかなとあきらめかけていたんです。だけど、そうしなくて本当によかった。私たちの譲れない要望も含めて、すべてを叶えてもらえました」。

2階の主寝室も白タイルを組み合わせてシンプルにまとめた。階段下やWICなど随所に収納も充実

この建築を手がけた会社

  • Espresso home エスプレッソホーム
  • 〒805-0069  福岡県北九州市八幡東区前田3-2-1
  • 093-661-2223
  • http://espressohome.jp
他の事例も見る