節約とこだわりのメリハリを
つけたバランス上手なリノベ術

予算内で思い描く家づくりを叶えたいと、ご夫婦が選んだのは、 洗練された空間づくりが魅力でサポート力が高い[タカノホーム]。 構造上抜けない梁などは見せるデザインでプラス効果に。 ナチュラルで居心地のよいS邸が誕生です。

DIYを取り入れて
上手にコストカット

吹き抜けを取り入れたダイニングから射し込む自然光と、オープンな空間を生かした明るく開放的なリビング。敢えて仕切り壁などを造らないことで、自由度の高い空間に。スリーシーターソファは諫早のイズミファニチャーで購入した

お子さんが小学生になるまでに、自分たちの家を持ちたいと考えていたSさんご夫婦。ネットで探して、感じがいいなと思っていた[タカノホーム]の見学会に出かけてみたら、その柔らかく温かな雰囲気も含め、ここにしようと気に入ったという。
「ディレクターの方の応対も押し付けがなくて、好感が持てました」とご主人。その後、数ヶ月して希望するエリアに土地を見つけて連絡。築38年が経過した2×4の住宅。さっそく住宅診断してもらい、その明確なやりとりも信頼できたそう。「予算を決めて、その中で取捨選択してバランスを取っていったんですね。予算カットできそうな部分は自分たちで壁に漆喰を塗ったり、DIYで乗り切って…イバラの道でした」と笑いながらご夫婦で顔を見合わせる。
目指したのは、見学会で見た明るく柔らかな雰囲気の家。月に一度のペースで打ち合わせを行ないながら、イメージをSNSで送って固めていったという。「一緒にイメージを共有しながら、コスト面は自分が、家やインテリアのデザインは妻が担当して、得意なことを役割分担しました」と話す。
リクエストは、「共働きなので食洗機を付けて、スムーズに家事がこなせるランドリールームはマストでした」と奥さま。建築条件で縛りが出た部分も、空間設計でカバー。構造上、梁の抜けないキッチンの天井は敢えて下がり天井の板張りにして、おしゃれでナチュラルな空気感をアップさせた。
吹き抜けにしたダイニングの解放感や水回りを上手に繋げて広々としたキッチンなど、満足のいくマイホームがかたちに。
「工事中、週に一度は大工さんに差し入れに行ってたんです。気持ちよく仕事してくださって、段取りもディレクターさんがきっちりやり取りしてくれてスムーズでした」と、ご主人は感心しきった様子でにこやかに話してくれた。

守ってくれる安心感が
家づくりを楽しく

2階のフリースペースはプロジェクターを置いてセカンドリビングとして活用予定。階段付近のデッドスペースはカウンターを造作し、ご主人の書斎に

入居して約1年。お天気の冬場もエアコン1台で十分暖かい。「1階の床は杉の浮づくりにしたので、梅雨時期もじめじめ感がなく快適です。オール電化にした分、ランニングコストも賃貸アパートに住んでいた時より安価で済んでいます」と、プランした通り、リノベーションに不満な点は皆無という。
「銀行とのやり取りなど煩わしいこともサポートで問題なく進められましたし、会社を通して守ってくれていると感じられたからこそ、この家が楽しくつくれたんだと思います」とご主人。子ども部屋のクロスや芝張りに挑戦したように、今後は子どものベッドやウッドデッキを造る予定。「庭でBBQしたり、キャンプに行ったり、もっともっと暮らしを楽しみます!

作業スペースをたっぷり採ったキッチンは、手持ちの棚に合わせて収納棚を造作。天井のウッドと床のタイルがスタイリッシュ感をプラスするとともに、洗面室とリンクさせた白のタイル使いもスマート

この建築を手がけた会社

他の事例も見る