国産ヒノキの家で
森林浴の心地よさを

国産のヒノキを惜しげもなく使う サイエンスホームの家づくりは、 「ただ家にいるだけで癒やされる」 という理想を叶える住宅です。

国産ヒノキづくりの家が
なんと1000万円台から

〝森林浴〟という言葉があるぐらい、樹木の香気は、私たちに癒やしや爽快感を与えてくれる。その感覚を毎日の生活の一部でも味わえたなら、人生は今よりずっと穏やかでストレスフリーになるに違いない。[へいせい]が手がけた『西都サイエンスモデル』に足を踏み入れて、そんな感覚を味わった。
『西都サイエンスモデル』は、1000万円台からの標準グレードで、国産ヒノキをつかった家づくりができる大人気シリーズ。柱や梁をアクセントとして見せるデザインが特徴で、床や柱だけでなく建具にも無垢材を使用し、乳幼児でも安心、無害な植物油でコーティングしている。香りがいいことで知られるヒノキは、肌触りが柔らかく、子どもが転倒したとしても衝撃が少なくて済む子育て世代にはピッタリの材質。また、消臭性にも優れているため、室内でペットを飼っていても匂いが染みつきにくいというメリットもあるんだとか。


さらにこのシリーズには、木が呼吸して調湿できるように伝統工法の「真壁(しんかべ)づくり」を採用。気密性のある外張り断熱との相乗効果で、たった一台のエアコンで家全体を一定の温度に保つことができる。リビング上の吹き抜けも開放感があり、目をつぶれば、自然に包まれているような心地よさを実感できる。この快適性能を体感したい人は、見学をした上で、無料の宿泊体験(1日1家族限定)をしてみよう。来場予約はホームページで。

この建築を手がけた会社

他の事例も見る