和の味わいに
自分らしさをミックス!

子どもの成長やキャンプ道具が増えたのを機に、 憧れの「戸建てリノベーション」を考え始めたご夫婦。 マンションを売却したお金で、賢く中古物件を購入。 1階を中心に無理なく無駄のない家づくりを楽しみました。

ミックススタイルで
新鮮な魅力を引き出す

手狭になったのと、もともとヴィンテージのテイストが好きで、TRUCKのソファやダイニングテーブルが似合う空間に暮らしたかったのもあって

分譲マンションに暮らしていたMさん一家、ご主人が運よく見つけた築40年の家をリノベーションした住まいを訪ねた。
むき出しの電線管を天井に走らせ、キリっとモノトーンでまとめられた玄関から、リビングへ通じるドアを開けると、ガラリと空気が一変。時間を重ねた古屋の持つ和の味わいと色んな要素やスタイルが賑やかにミックスされつつも落ち着いて過ごせるユニークな空間が広がっていた。
リビングに伸びやかさをもたらしているのは、元々の家から引き継いだ柔らかく空間を仕切る障子戸と広々とした明るい縁側。音楽を聴いたり、キャンプ道具を置いて半屋外感を味わうインナーテラスのように使っている。欄間の装飾は縦格子へ変更してスッキリと、室内側は天然木を使った断熱サッシに入れ替えて、雰囲気を壊さずに性能を上げるひと工夫、これで夏と冬も縁側で過ごす時間が楽しめる。
家族みんなが食事を共にするキッチンとダイニングは、間仕切りをとってリビングと繋がるように間取り変更。ステンレスの天板と腰壁に窯変ボーダータイルを張った造作カウンターが抜群の存在感を発揮!ここでも、和の雰囲気をベースに、インダストリアルな照明や、天井に貼られたラワンベニヤや建具のラーチ合板のラフな素材感をミックス。ポスターやステッカーから感じる福岡のストリートカルチャーのスパイスも効いている。
リノベーションの醍醐味と全体に絶妙なバランスでこれが好き!やこだわりが詰まったMさん一家ならではの仕上がりで、新たな魅力を引き出して住みこなしていた。

天井板にラワンベニヤ、ラーチ合板の建具、杉の床、それぞれの木材のラフな素材感もミックスして楽しむ!

暮らし方を想像して、
直感を信じてカタチに

間取りは大きく変えずに、LDKを一つの空間に繋げて広く採り、自分達で手を入れた2階の2部屋は将来、お子さんそれぞれの部屋として活用、1階だけでも十分生活ができる物件を選んだ鋭い選択眼が光る。一体、上手なリノベのポイントは何だろう?
ご主人曰く、「断熱や耐震性の問題など性能的な不安がないか、しっかり調査して安心させてくれる会社を選ぶことが重要ですね。そして、何でも相談できて身近に感じられるスタッフの人柄も。」
「中古住宅のリノベーションなので、寒いんじゃないかと不安がありましたが、快適です。」と笑顔を見せる奥さま。
リビングドアのガラスにペイントされたメッセージどおりに、リサーチや工夫を重ね直感を信じて、カタチにしてきた家づくりの楽しさが伝わってくる住まいだった。

タイルにステンレス、ラフな木…と個性豊かな素材感を賑やかにミックスしつつ、ストンと独特のバランスで調和がとれている。カウンターの内側に家電を収納してスッキリと

この建築を手がけた会社

他の事例も見る