夫婦&愛犬のためのリノベで
もう一度、わが家に恋をする

子どもが巣立った後、夫婦2人が楽しく快適に 住み続けるためのリノベーションの実例を訪ねた。

廊下を小さくして和室を広げ、畳の小上がりに変更。分かれていたキッチン・ダイニング・リビングを一つの空間にまとめ、子どもが家族連れで帰省してもみんなで集える住まいに。

間取り変更と性能アップで
古い家は生まれ変わる

家族5人で20年以上暮らした家は、いつのまにかあちこちが傷んでいた。水回りも古くなってきたし、壁向きのキッチンにも不満があった。しかも、3人の子どもも独立して、いよいよ夫婦だけの暮らしが始まる。人生はまだまだ長いし、取り掛かるなら早いほうがいい。「これからの2人にとって住みやすい家にしよう」とKさん夫妻はリノベーションに踏み切った。
Kさん夫妻の要望は大きく分けて3つ。「対面キッチンにしたい」「1階の和室を洋室にして、家族が増えてもみんなで集まれる空間をつくりたい」「収納を増やしたい」。まずはイメージをふくらませるため住宅展示場や住宅設備メーカーのショールームを訪問。あるショールームでリノベーション会社について相談した際、紹介された工務店のうちの1つが[ホームランド]だった。
「その時紹介してもらった4社に私たちの要望を伝えてプランをつくってもらいました。どこも似たような内容でしたが、ホームランドさんだけはリビングに畳の小上がりをつくり、テラス側にわんちゃんスペースを設ける間取りを提示してくれたんです。小上がりは腰掛けられるうえ、小さい子どもを寝かせておくときや、家族が泊まりにきたときにも使えます。ゆくゆくは夫婦の寝室にしてもよさそうです。しかも、畳の下は大きな引き出し収納になっているのでとっても便利。キッチンは対面式になって家事スペースもつくれたし、勝手口や洗面所にも収納が増えて。私たちのこれからの暮らし方を想像してつくってくれたプランに、提案力の高さを感じました」。

窓は内窓をつけて断熱性能をアップ。壁や天井にタイルや木を使ったり、畳の色をグレーにしたりするなど、カラーコーディネートにも工夫を凝らして

この建築を手がけた会社

他の事例も見る