無機質×木のバランスが絶妙!
広々リビングで快適な暮らしを実現

ご夫妻と幼い子どもさんの3人暮らし。どの部屋にいても 子どもに気を配りやすい快適&安心な住まいに生まれ変わりました。

既存の間取りも活かしながら
開放的な空間を演出

結婚前から憧れていたブランドのソファを置きたいと考え、フローリングとソファの色をセレクト。天井は全て撤去し、コンクリートを剥き出しにし、天井高を確保した。無機質の中にも木の温もりのある空間づくりを意識した。ダイニングテーブルやカウンターは造作し、統一感を持たせている

新しい住まいを考えるとき、戸建、マンション、リノベーションなど、さまざまな選択肢がある。今回、お話を伺ったMさんご夫妻がリノベーションを選んだのは、「立地」を重視したからだという。「いい場所には既に住宅やマンションが建っています。マンション暮らしが長かったので戸建はセキュリティなどの面で不安があり、中古マンションのリノベーションというのは、最初から考えていました」と、ご主人は言う。[ディ・ベック]との出会いは知人からの紹介。「提案の内容から感じるセンスと、コストのかけどころだけでなく、抑えどころまで教えてくれるところ、そして何より代表である建築士・大﨑さんの人柄や実直な仕事ぶりに惹かれてお願いすることにしました」。
Mさんご夫妻がこだわったのは、いちばん長い時間を過ごすリビングを広く開放的にすること。もともとの3LDKの間取りを家族の人数に合わせて和室をなくして2LDKに。リビングつづきとなった旧和室には、家族誰でも使える壁づけのデスクを設け、キッチンはカウンターキッチンに。ずっと居たくなるような団欒の空間に仕上げた。
「ディ・ベックにお願いしてよかったのは、実際に暮らす人のことを考えた提案をしてくれたことですね。たとえば、当初、人感センサー付きの照明をトイレに付けようと考えていたのですが、長時間いると消えてしまうトイレ内よりも、トイレに行く途中の廊下に付けたほうがいいと言われました。細かいところだけど、自分たちだけでは気づかなかったことも気づかせてくれました」。要望をカタチにするだけではなく、暮らし心地やコストとのバランスを意識した提案をしてくれる[ディ・ベック]。その評判は、口コミを中心に広まっている。

[WOODONE]のシステムキッチンを採用。IHヒーターの前のガラスにはアクセントとして、黒フレームを十字に入れ、横には白のタイルを設置。また、高めに作られたカウンターの板の下には、調味料などを入れるスペースを確保。リビング側から手元が見えないよう工夫した

この建築を手がけた会社

  • ディ・ベック株式会社
  • 〒814-0133  福岡市城南区七隈6-18-43
  • 092-874-5311
  • http://www.dbeck.jp