思い出とともに変身した
ワンアンドオンリーの家

自然に囲まれた味わいのある祖父の一軒家をリノベーション。 家の個性や思い出を残しながら、暮らしや趣味が楽しくなる デザインや機能を最大限にとり入れた素敵な住まいです。

素直な気持ちが伝えられる
ストレスのない家づくり

小さい頃、ご主人がよく遊びに来ていた祖父の家。桜や柿、モクレンの木々が迎える広い敷地に立つ築70年の住まいをリノベーションしたKさんご夫妻。もともと当時のデザインとしてはモダンな中二階のある個性的な間取りは生かし、広い土間のあるリビング、趣味を楽しめるガレージなどをつくり、よりクリエイティブな家に変身させた。
それまでは社宅に住んでいて、現在7歳のお嬢さんが小学校に上がる前に、思い出のある土地での家づくりを考えていたそう。
「祖父が他界して空き家になった後も、定期的に手入れや草刈りに来ていて、花見もしていたんですよ。もともとDIY的なことも好きだったのと、土地の条件で新築は難しいこともあり、リノベーションの得意なハウスビルダーを探していろいろ回りました。予算や自分たちの希望に耳を傾けてくれるところがなかなか見つからなかったんですが、タカノホームさんは自分たちの好みも解ってくれてセンスも違いました」とご主人。
続いて奥さまも「畑がしたいから、じゃあ土間は広く、キッチンの窓から見える風景が好きだから、このままの位置にしましょうとか、これからどういう人生を送りたいか、ライフスタイルについて熱心に聞いてくれて、私たちのふわふわしたイメージを受け止めてくれて。何より素直に気持ちが伝えられてストレスなく家づくりできました」と想いを話してくれた。

人生でほぼ一度の体験だから
〝一緒に造る〟感覚で

庭と楽に行き来できるよう外とのつながりを持たせた広い土間は必須だったLDK。空間は極力シンプルに、木枠のガラス扉やキッチン窓の効果によって明るさや開放感をアップ。最高に気持ちのいい家族の居場所

自分の家がどうかたちになっていくのか興味津々だったこともあり、ご主人は大工さんとすっかり仲良しに。
「人生で何度も見られるものじゃないですし、勾配天井にしたほうがいいよとアドバイスをもらって実際にそうしたところ、採光も充分だし、よかったです。柱や洗面台の配管などの位置が少し違った時にこちらから変更をお願いしても気持ちよく直してくださって。1つ1つ曖昧にせず確認が大事だと思いますし、“一緒に造った”感じです」とご夫婦は笑顔を見せる。
4月から暮らし始めた住まいは、風通しがよくリゾート感たっぷり。「花見やBBQもここで充分だし、家が一番です」と、そこには豊かな暮らしに包まれたご家族の姿があった。

この建築を手がけた会社