窓や段差で工夫をこらせば
家はこんなにも自由になる!

夫婦揃って建築士というFさんご夫妻。土地の持つ個性を 生かした家づくりで、快適な居住空間を実現しました。

土地の持つポテンシャルを
最大限に間取りに生かして

家の一番目であり、一番最後である玄関。扉を開けるとデッキの中庭まで取り込んだ解放感のある空間が広がる。正面の窓は高さを抑え視界をコントロール温かな日差しが時と共に移い、上質な時間が玄関ホールに流れる
2階から玄関が見えるため、2階にいても人の行き来が確認できる

ご夫婦で建築士というFさん。建築のプロであるご夫婦が手掛けた家は、土地の使い方から間取り、窓のサイズ、動線まで、細かい計算の上で建てられている。
約3年前に土地探しが始まり、「いい家が建つことが想像できた」という小高い丘にあるこの場所を選択。2階から遠くの山まで見通せることが分かると、必然と滞在時間の長いLDKは2階にしようという意見で一致した。このほか、子ども部屋と奥さまの仕事部屋など、日中使うことの多い部屋も2階へ。それらを回遊できるようにしたことで、動線がスムーズになり、作業効率が上がったそう。
特にこだわったのは、窓のサイズや位置だ。「窓を開けてもすぐに壁があったり、周りの目線が気になってカーテンを閉めっぱなしになる窓はもったいないので、そこは相当考えました。LDKのメインの窓は腰窓にしたので、隣近所から室内が見えませんし、逆にリビングのソファーからは空しか見えないので気持ちがいいんです」と奥さま。これ以外にも、室内に多くのガラス窓を設けたことで開放感がアップ。人の気配も感じられるため、家族のつながりが実感できる家に仕上がった。

奥さまの仕事部屋の対面側には、娘さんの部屋がある。現在は本棚で仕切っているが、子どもが巣立った後は一部屋として使うつもりだ
壁側にキッチンを据え、別に作業台を設けた。作業台は収納棚としても大活躍

建築士の理想の家
創業100年の技術が実現

お二人とも建築士だが、設計監理は一級建築士事務所の代表を務める奥さまが担当。施工は仕事でお付き合いのあった桑野組に依頼した。「社長が正直で、仕事に対して、真摯に取り組まれている方なので、信頼してお任せできると思いました。こちらの理想に対して、現場をよく知る立場として現実的な意見をおっしゃってくださったので、良い方向に研ぎ澄まされていきましたね」と奥さま。「窓枠を通常より細くしたり、技術がないと応えられない要望にも快く応じてくださって、とても有り難かったですね」と、プロフェッショナルな仕事ぶりに高い満足感を得ている。
最近は居心地のよさに引き寄せられるように、ご夫妻の友人や娘さんの同級生が遊びにくる機会が増えたとか。以前より賑やかさに包まれたFさん邸は、今日も笑顔が溢れている。

この建築を手がけた会社

  • マルベリーハウス 有限会社 桑野組
  • 福岡市早良区干隈4-20-9
  • 092-861-7126
  • www.kuwanogumi.com