自然素材に囲まれることが
こんなに心地良いなんて

床、梁、壁。自然素材をふんだんに取り入れながら モダンで落ち着いた空間づくりも同時進行。 信頼できる造り手と出会えたことが、成功の鍵に。

この人に任せたら大丈夫
絶対的信頼感が決め手に

室内でありながら、光や風を感じられるYさんの家。糸島の海のそばに建つ家は、自然と人が心地よく共存するこの土地の魅力を、そのまま表現したかのよう。
手がけたのは、同じく糸島市内に会社を構える[棟生工務店]。
〝機能性〟と〝美しさ〟を共存させながら、一つひとつの家庭に合った、オーダーメイドの家を手がける工務店だ。その代表・吉富さんと、施主の吉村さんとの出会いは知り合いによる紹介。友人から、吉富さんが糸島に、フラワーショップの事務所を手がけたと聞き、訪れたのがきっかけだ。
「コンパクトでありながら、自然素材を使ったとても心地いい空間になっていて。こんな家に暮らせたらと思ったんです」とご主人。また奥さまも「これまで、いくつか展示場なども回ってみていたのですが、私たちの顔色を見て話されるところも多かったので…。その点、吉富さんはお世辞などもなしにはっきりしていて(笑)。直感もありますが、この方に任せたら大丈夫だと思いました」。
その後[棟生工務店]が手がけた家を3、4軒見学しながら、イメージを固めていったという夫妻。最終的に〝自然素材〟〝薪ストーブ〟〝梁〟の3点をマストとしながら、あとはほぼお任せで、家づくりを見守ることになった。

〝おまかせ〟が運んできた
想像を超えるディテール

システムキッチンは、「グラフテクト」のショールームで即決したもの。シャープなラインでありながら、
ウォールナットで温かみも感じられ、空間のアクセントに。後ろの食器棚も同じシリーズで揃えた

ご主人の実家の敷地の一部に建った家は、まずその外観から夫妻の期待をいい意味で裏切る。「白に見えて、実はシルバー。塗りたてから3年が経ち、木目の雰囲気も出てきてすごく気に入っています。この色のほかにブラウン、グリーンも候補になっていたのですが大正解でしたね」。また、はじめは平屋も検討していた家は、梁を活かすために高さを取って2階建てに。リビングから見上げると、まずは直線的に2本の梁がスッと通り、その上には堂々とした日田杉の梁がクロス。生き生きとした表情が伝わって来る。「毎日眺めても飽きません。それにこの空間のおかげで、この家、音の回りがすごく良いんですよ。音楽を聴くときなんか最高です」。
また、〝梁〟と同時にリクエストしていた〝薪ストーブ〟も、今やY家の生活に欠かせないもののひとつに。もともと家全体に、セルロース断熱(自然素材断熱)が施され、年間を通して気温差を感じないような造りになっているが、このストーブに大きな薪を1本放り込んでおけば、冬場も1日中ほんのりと暖かく、快適に過ごせているという。「このストーブでピザを焼こう! と言いつつ、まだ実現していませんが、今年こそ。この家を味わっていくのはまだまだこれからです」。

少しずつ風合いを増してゆく
わが家の姿を楽しみに

新居の完成後、もともと友人が多いふたりの家には、続々と来客があったそう。「ある時は、大人と子ども、合わせて10人。リビングと和室をつなげてみんなで寝たんですけど、合宿みたいですごく楽しかったですよ。その時、友人に言ってもらえたのが、『この家、空気がいいよね』って。無垢材の床や、漆喰の壁のおかげで、常に家全体が、呼吸してくれている感じがするのかもしれません」。さらに友人のひとりが、同じく[棟生工務店]で家を新築。夫婦で早速、遊びに行ってきたようで…。「そこがまた、すごくいい家で〝吉富さん、また進化したね〟って、ふたりで話しました(笑)。代表であり、棟梁であり、デザイナー。3つの役割を行き来しながら、家づくりに真摯に向き合い、さらに新しいものを取り入れながら、一つひとつの家族に合った家を提案していくところ、本当にすごいなと思います」。
福岡市内に暮らしていた頃は、外に食事に出るのも大好きだったという夫妻だが、今では家での時間も最高、と笑顔に。これからまた、床や壁が少しずつ表情を変え、味わいを増してゆく我が家と共に積み重ねてゆく歴史が、とても楽しみなのだとか。

2階フリースペースから臨んだリビング。外からの光が心地よい

この建築を手がけた会社

  • 棟生工務店 株式会社 梁 hari
  • 〒819-1313  福岡県糸島市志摩稲留4-1