テーマカラーは大好きなネイビー!
夫婦2人にちょうどいい家

夫婦ともに仕事を抱え、日々忙しくされているKさんご夫妻。そんなお二人が建てた家は、 個性的でありながら飽きのこない、くつろぎの場所となっています。

窓口の 一 元化により
打ち合わせもスムーズに

すべての床には、木目が美しい杉の無垢材を使用している。ブラインドは障子を連想したイメージ。白木目と紺のテープでセレクトした

子どもたちの巣立ちを機に、15年住んだマンションを、夫婦2人に最適な間取りにフルリノベーションしたい。そう決意して工務店探しを始めたKさんご夫妻。複数の工務店に相談し、最終的に桐谷さんの人柄と仕事に向き合うスタンスが、[サードカフェ]に依頼する決め手となったそう。
「桐谷さんとお話していると、本当に仕事が好きな気持ちが伝わってきました。それに、ほとんどのハウスビルダーは大工、営業、設計、インテリアコーディネーターが別の方ですが、桐谷さんはすべての工程をご自分で担われているので、情報や意思の共有がしやすいのもいいなと思って。夫婦共働きで忙しいので、やりとりが桐谷さんだけでよかったのも助かりましたね」と奥さま。
当初の「マンションのフルリノベーション」という計画は、途中で「新築戸建」と大幅に変更。しかし、好みのテイストなどが共有できていたため、計画はスムーズに移行できたそう。奥さまがネイビーカラーを好きだったことから、テーマカラーはネイビーに。そこに相性のいいグレーや近代〝和〟のテイストを織り交ぜながら、全体のディテールが整えられていった。「ほぼ桐谷さんにお任せした感じでしたが、とっても住み心地のいい家になりました。マンション住まいに慣れていたので一軒家に不安がありましたが、外からの目線も気にならず、日当たりも良いので、今は一軒家の良さを実感しています」。

目指したのは、夫婦2人が
楽しく暮らせる家

キッチンは、ネイビーカラーのタイルがクラシカルな雰囲気を演出。バーカウンターは「サッと朝食が食べられるように」とご主人が要望した
リビングの壁一面とテレビを掛けた壁に古木を使用した。凹凸のある質感や木目が味わい深く、大人のための住空間を演出してくれている

「子どもが県外に出て夫婦2人になったので、2人で住んで心地いい仕様にと考えました」という間取りは、動線がよくスペースに無駄がない。例えば1階は、キッチン横にたっぷり入るパントリーをつくり、その中に冷蔵庫を設置。生活感の出る冷蔵庫を隠すことで、LDK全体をすっきりとした印象にまとめたそう。そのほか、テレビを掛けている壁は収納スペースにもなっていて、反対側から出し入れが可能。ここは、打ち合わせの段階で「お雛様を直す場所があったら…」という奥さまの要望から、収まりのいい奥行きで設計された。2階は寝室の横に配した、約3mもある堂々たる佇まいの杉の一枚板の作業机が、生活に潤いを与えてくれている。
子ども部屋やゲストルームなど、普段使わない部屋はつくらないと決めたことで、趣味のスペースや収納をしっかり確保することができた。実生活に寄り添った設計が、より満足感を高めている。

古木を貼った壁面で
リビングがクラシカルに

壁面を彩る素材といえば、クロス、タイル、珪藻土、漆喰などが一般的だが、Kさん邸のリビングには、なんと古木が使われている。防虫などの加工が施されているので経年使用しても朽ちる心配はなく、調湿効果も期待できるとか。それに、シルバーグレーやブラウンなどが絶妙に入り交じった自然素材ならではの配色は、クロスでは表現できない重厚感。初めは「個性的になりすぎないかと心配した」というご夫妻も、テーマカラーのネイビーとの相性のよさに感動したそうだ。
大胆な素材や色を使っているが、家具やブラインドなどのアイテムを全て相談してから購入したことで、調和の中にセンスの良さが光る家に仕上がった。これから始まる夫婦2人きりの生活も、ますます楽しくなりそうだ。

この建築を手がけた会社