ひとつひとつ、ていねいに
思い描いた夢がカタチに

家族にとって〝必要なもの〟と、心から〝好きなもの〟。 その両方を、バランス良く取り入れた空間は、 [想創舎]とのコラボレーションで創り上げた宝物。

性能と美しさを
兼ね備えた家を作りたい

「前の家から持ってきたのは、冷蔵庫と洗濯機、たったそれだけ。もしも家を建てたら、好きなものにだけに囲まれて暮らしたいと思っていたので、ずっと我慢していたんです(笑)」。
白い塗り壁にオークの床、アクセントにグレーを取り入れたシックな空間に、ゆったりと配された家具や雑貨。それらはどれも奥さまが時間をかけて吟味し、この家にやってきたものばかりだ。数年の時を経て、憧れのライフスタイルは今、日常になった。
結婚した当初から、「家を持ちたい」と思っていたというJさん。実際に動き出したのは、下のお子さんの小学校入学を控えた頃だった。「朝倉は今、子育て世代に人気のエリア。70坪くらいの土地を探していたのですが、なかなか見つからなかったんです。そんな時、妻の実家の近くに分譲地ができると聞いてすぐに購入しました。本当にタイミングですよね」。土地が見つかるまでの間はビルダー探しも同時進行。様々なモデルハウスを見学しながら、デザイン、性能をチェックし、パートナー探しに奔走したという。「高気密、高断熱の家であることは絶対でした。その上で、無垢材や塗り壁を取り入れている家を望んでいたのですが、それが叶えられるビルダーさんって、実は少ないんですよね。想創舎さんはとても貴重な存在でした。スタッフの方々の人柄も良くて、打ち合わせも常にアットホームな感じ。すごく心地がよかったです」。

FPの家だからこそ叶った
開放感のあるレイアウト

「ちょっとでも畳があると嬉しい」と、ダイニングサイドには小上がりを。下には収納スペースを確保

[想創舎]と言えば「FPの家」。高気密・高断熱に優れたFPパネルで壁と天井を覆うことで、家じゅうを一定の温度に保ってくれる家は、加えてレイアウトの自由度もアップさせてくれるのも魅力だ。Jさんの家も、玄関からLDKにかけては仕切りがなく、とにかく開放感いっぱい。最初は「扉のない家なんて落ち着かないかも?」と心配していたご主人も、今ではこのゆったりとした空間を何より気に入っているそう。「暮らしだしたのが、まだ朝晩の冷え込みが強かった3月。マンションから一軒家だったので、底冷えも心配していたのですが全くでした。夏場もクーラー一台で十分ですし、光熱費も抑えられて、良いこと尽くしです」。
また共働きのJさんご夫妻は、動線作りに特にこだわったという。「間取りのベースは想創舎さんに作ってもらって、そこに自分のリクエストを反映していただきました。特に気に入っているのは、やはりキッチンやランドリールーム周りのレイアウト。想創舎さんには家事・育児に携わっている女性スタッフさんが多いので、そのあたりの提案もしっかりしていて。その上でセンスも良い。自分が求めていた空間を手に入れることができて本当に嬉しいです」。

家族みんなでこの家と
一緒に時を重ねていきたい

家づくりのリーダーは奥さま。自身の仕事と平行してのプロジェクト進行は、さぞ大変だったのでは?と伺うと…。「雑誌やインターネットで情報を集めたり、素材を選んだり、好みの照明をオーダーしたり…。とにかく寝不足(笑)。でもそれ以上に楽しくて仕方がなかったですね。〝家は3回建てたら納得できる〟と聞くけれど、私はこの家ですでに叶えてしまいました(笑)」。
計算し尽くされた動線のおかげで家事もスムーズに進み、家族みんなでのんびり過ごせる時間も増えたという。
「これからもずっと、ここで穏やかに過ごせたら幸せ。その中で、無垢材の床が少しずついい色になったり、庭の木々が成長していくことも共に楽しんでいきたいと思っています」。

寝室はグレーを基調に

この建築を手がけた会社

  • 想創舎 株式会社 手嶋組
  • 〒838-0062  福岡県朝倉市堤615-1
  • 0946-28-8244
  • http://sososya.com