みんなの愛情に育まれた
陽だまりのようなわが家

大工100%工務店として住まいの健康や快適にこだわる [木の家工房 グリーンウッド]の家づくりとみんなの気持ちが一つに! 愛情いっぱい、自由に暮らしを描ける愛しいわが家。

緑色の外壁が風景に馴染む
純和風の平屋づくりの家

暑い夏もエアコン1台で1日のほとんどを過ごせるほど快適。木の香りに包まれるリビングで過ごす家族団らんの時間は宝物

Kさん夫婦が家づくりを意識しはじめたのは約2年前のこと。まわりの友人たちが家を建てはじめ、モデル展示場を見学するようになったそうだ。「展示場に行くと情報が大きくなるばかりだし、営業されるのも苦手で…」。そんなKさん夫婦にとって[グリーンウッド]の完成見学会はとても居心地の良いものだった。「家に一歩足を踏み入れた途端、凄くいい木の香りが漂ってきたんです。押し売り感もまったく感じることがなく、グリーンウッドさんなら安心だと感じました」と奥さま。そこから土地探しをはじめ、それぞれの実家や学校、駅に近く、少し高台に位置する希望通りの土地と出合うことができた。土地は約150坪もあり、平屋の木の家を建てたいというご主人の願いも余裕で叶えられる広さだ。「2階建ての家で育ちましたが、ある頃から自分の部屋がある2階に上がるのが面倒になり、座敷で生活していたんですよ(笑)。もともと父が表具屋なので純和風の方が落ち着くんです。そこで純和風の平屋をオーダーしました」とご主人。完成した家は、若い世帯の新築には珍しい和風造り。ご主人が好きだという緑色を基調にした外壁が優しく周辺の風景に溶け込んでいる。

リビングと和室をつないだ広々空間はKさん夫婦のお気に入り。無垢材の床にごろんと寝転がり、天井を見上げると幸せな気持ちに包まれるという

大工さんと直接話せるから
要望がカタチになりやすい!

Kさんの家は、大きく2つの空間に分かれている。1つは食事やリラックスタイムを家族で過ごすリビングダイニング。すぐ隣に和室があり、開放的な空間が心地いい。もう1つは、部屋から部屋をぐるりと回遊できる生活スペース。クローゼットや〇〇の部屋と決めつけてしまうと汎用性がなくなるため、子どもの成長に合わせて変化する暮らしに対応できるようにと奥さまが考えた。リビング隣にはスキップフロアのワークスペースを設け、その下を大容量の収納スペースにしたのも奥さまのアイデア。今は子どもたちの秘密基地として大活躍している。こうしたオーダーメイドに柔軟に応じられるのも〝大工100%工務店〟である[グリーンウッド]の強みなのだ。また、和室の襖は表具屋を営むご主人のお父様から、リビングの本棚は日曜大工が得意な奥さまのお父様からの贈り物。奥さまのお父様から預かった木材で棟梁自らダイニングテーブルを造作するなど、素敵なコラボから生まれた住まいは家族の宝物だ。「人を介すと伝わりにくいこともあると思いますが、温かい人柄の大工さんばかりで、常に私たちの目線で相談に応じていただけました」と奥さまもにっこり。みんなの優しい想いが詰まった愛情たっぷりの新しい家で子どもたちもすくすく成長している。

M2階のオーダーに応えられるのも大工100%工務店のグリーンウッドだからこそ

この建築を手がけた会社

  • 木の家工房グリーンウッド 株式会社グリーンウッド 一級建築士事務所
  • 〒800-0228  北九州市小倉南区長野1-7-2
  • 093-964-2255
  • https://wood-happy.com