優しい木の肌触りと
奥さまのこだわりが調和する

[星和住研]がこだわる木材に触れ、その良さを実感したSさんご夫婦。 木や漆喰など自然素材の良さを生かしながら、 奥さまのこだわりを実現した住まいとなった。

九州産の木材など
こだわりの自然素材

1階の天井高は、一般的な住宅よりも低めの220cm。しかし、縦横のバランスが取れているため圧迫感はなく、余裕のある奥行きを感じる

[星和住研]が使用する木材は九州産にこだわっている。提携製材業者から直接仕入れた木材を自社工場で職人が丁寧に手刻み加工する「自社仕入れ・自社加工」だからこそ、質の高い木材を使用した住宅が提供できる。珪藻土や漆喰など日本の気候・風土にあった自然素材を多く使用するのも[星和住研]の特徴。自然の素材は常に呼吸し、室内を適切な湿度に保ってくれる。人が快適に暮らせるだけでなく、人と家の長寿命化にも一役買う。Sさん宅の特徴は小上がりの畳リビング。その上部に吹き抜けを設けることで「抜け」のいい目線と開放感が生まれ、住み心地が良くなる。こうした高いデザイン性と快適性も[星和住研]が選ばれる理由のひとつだ。

2部屋に仕切れるつくりの子ども部屋

見せるものは見せ、
隠したいものは隠す

Sさん宅で印象的なのが巧みな収納の数々。玄関、リビング、キッチン、2階などに効率よく収納スペースが設置されている。なかでも秀逸なのはキッチンだ。「私はリビングにいるのが好きなんですが、シンクの洗い物など見えるとくつろげないんです」と奥さま。そのため、カウンターを通常よりも高くしてリビングからの視線を遮断。その一方で、高いカウンターの下を利用してカップボードを設けた。ここには、奥さまの趣味であるキャラクターグッズやコーヒーカップなどがさりげなく飾られている。また、玄関には子どもの野球用品などを置くクローゼットも。これなら子どもが自分で出し入れでき、奥さまも手間いらずだ。
見せるところと隠すところのメリハリをつけ、使い勝手とデザインを両立した造り。Sさんの希望を見事に[星和住研]が実現した。

子ども部屋と主寝室の間に設けたフリースペースは勉強や読書にぴったり

この建築を手がけた会社

  • 星和住研 株式会社
  • 〒802-0974  福岡県北九州市小倉南区徳力1-12-6
  • 093-962-2323
  • http://www.e-seiwa.net