今までの悩みをすべて解決!
家族みんながくつろげる家

良い点も悪い点も包み隠さず 教えてもらえたことが決め手に。 4年越しでようやく完成した うづくりの床や漆喰の壁に癒される 家族+猫3匹の愛すべき我が家。

末永ハウジングの住まいの魅力は、木の香りに包まれる心地よい空間。そこに居るだけで癒される我が家はどこよりも快適!

合板や集成材を一切使わない
木の香りと心地良さが自慢

 

結婚して4年目を迎えるHさん夫婦は、愛娘のAちゃんと自由気ままな猫3匹で暮らしている。昨年の春、念願のマイホームが完成するまでは、少し窮屈なアパート暮らし。住宅展示場巡りをスタートさせて丸4年も掛かったけれど、「末永ハウジングさんに出会えて良かった」と心から満足している。

今から4年前、家を建てようといくつかの住宅展示場を見学していた当時は、別のハウスメーカーで話しを進めようとしていた。そんな頃、奥さまが妊娠。体調を優先して家づくりを中断した。「最初は、猫がいるから木はちょっと…と話していたんです。でも、家づくりから一度離れてみて、やっぱり木の方が良いのではないかと思い直しました」と奥さま。家づくりを再開しようというタイミングで、以前からご主人が気になっていた末永ハウジングへ。

「家づくりの良いところ、悪いところを、すべて話していただけたことが大きかったですね。普通なら良いところしか言わないでしょう。会長やスタッフの皆さんの人柄もとても良くて」とご主人。趣味の車やバイクの話しから合板や集成材を使用しない家づくりへのこだわりまで話題は尽きない。新築中の家の骨組みまで見学できたことも、安心感につながったという。そして、いつの間にか「猫がいるから木は…」という心配より、木の香りや心地良さを重視するようになった。

奥さまの実家からアパートに引っ越したばかりの頃は、カーテンの隅にずっと隠れていた猫たちも、この家ではすぐに馴染めた様子。Aちゃんにいたっては、旅先でも「お家に帰りたい」と泣き出してしまうほど大の家好きで、家にいる日はずっと笑顔で遊んでいる。

夏は涼しく冬は暖かい
一年中裸足でいられる家

お料理していても、子どもの様子が見えるようにとオープンキッチンに。淡いピンク色を基調としたタイルが、部屋を優しい印象にしている

夫婦がリクエストしたのは、雨の日も車から濡れずに玄関まで辿り着けること。アパートで暮らしていた頃、いちばん不便に感じていたところだ。また、南側の軒を深くすることで、夏場は日射しを遮るように、冬はできるだけ光を取り込めるようにしている。雨の日でも外に洗濯物が干せる軒下は、奥さまにとっても心強いスペース。また、たっぷり欲しいと伝えた収納も各部屋に十分なくらい確保。子ども部屋には、それぞれ約3.5畳分のクローゼットを備えている。さらに、夏は床がひんやり感じて、冬は冬で冷たくない。一年中素足でいられるため、スリッパを捨ててしまったくらいだ。

「以前のアパートはカビの臭いがするため、引っ越しの途中も、娘はアパートに行きたくないと泣いていました。この家なら、梅雨の季節もジメジメした感じがまったくありませんでした!」と奥さま。猫たちは、漆喰の壁がよほど気持ちいいらしく、お腹を壁にくっつけたまま寝ている姿を目にする。「これから少しずつ外構にも手を入れていく予定です」とご主人。Aちゃんも砂場ができるのを楽しみにしている。家族3人と3匹の猫が快適に暮らす家には、秋になるともう1人家族が増える。いっそう賑やかになる家は、この冬もきっと温かい。

この建築を手がけた会社