都会暮らしで 光と風と
自然を感じる家。

良い素材でつくられたものを長く大切に使い続けたい。 そんな価値観をもつAさん夫妻が選んだのは がっしりと頑丈な骨組みが魅力の自然素材の家づくり。 本物志向のこだわりを随所に散りばめた住まいが完成しました。

デッキを囲む暮らしで
家族の楽しみが広がる。

デッキが各室をつなぐ役割を果たし、空間に広がりが生まれた

白い漆喰の壁に緑色の屋根のいただきに、ちょこんと見える薪ストーブの煙突がその家の目印。森の小径のような細いアプローチを抜け、ドアを開けると家の中からふわりと木の香りが漂ってくる。室内はやわらかな光に包まれ、ここが三方をほかの家に囲まれた場所であることを忘れてしまうほどだ。

南側に隣家が迫っていて光と風の通り道は限られている。それでもできる限り自然を感じられる住まいをつくるにはどうしたらいいか? それを解決する一つの方法が、家の中心に設けたウッドデッキ。「夫がコの字の縁側がほしいと言っていたので、中庭をつくることも考えたのですが、設計士さんが〝庭にするよりもデッキにしたほうが広く感じられる〟と提案してくださったんです。実は最初はぴんとこなかったんですが、やってみて正解。窓の外までリビングが延びているようで広く感じられるし、光も取り入れることができる。キッチンからも目が届くので、子どもを遊ばせても安心ですし、バーベキューや砂粘土も汚れを気にせず気軽にできるし、家の中での楽しみ方が広がりました」と奥さまは笑顔を見せる。
自然を感じさせてくれるもう一つのポイントが、窓。「すべての窓の位置と形に意味があるんです。風向きや方向、開き方のタテ・ヨコを考えて、『この窓はこちらから風をキャッチする』と設計士さんが説明してくれて。おかげで住宅が密集した場所なのによく風が通ります。位置も絶妙で、隣の家と視線が合わないように、かつ、緑の借景を楽しめるようにもなっているんです」。

いいものを長く使いたい
本物志向の家づくり。

Aさん夫妻が[未来工房]と出合ったのは住宅展示場。家づくりの素材に、無垢の木や羊毛断熱、天然漆喰に燻煙木材といった「本物」を使うこだわり。人が暮らす場所を自然素材で守り、頑丈で長持ちする家を建てることへの責任感。スタッフの語る家づくりへの思いに、2人は大いに共感したと振り返る。「いいものをつくっているという自信を感じました。ここに任せたら長く使えるいい家が建てられると思えて、一生住む家を一緒につくることに不安がなかったんです。何より、未来工房の家は木の匂いがよくて、ずっとそこにいたいと思える空間で。他社を検討することなく、ここで建てようと決めたんです」。
大切にしたのは、家族が一つの空間にいられること。「仕切りはなるべく少なくして、オープンな間取りに。部屋数も少なくて構わないし、個室もミニマムでOK 。その代り、いつもみんながリビングのまわりに集まって過ごせるように、たくさん“居場所”をつくりたいと考えていました」。そこで、広いリビングを中心に、キッチンのカウンター、中2階のあるリビング階段、ウッドデッキなど、腰掛けたり寝そべったりしてくつろげる場所をたくさん用意。大きな吹抜けを介して2階ともゆるやかにつながり、家族がどこにいても気配を感じられる間取りになっている。「キッチンにいたら家の中を見渡すことができるし、2階の様子もわかるので、家の中の一体感を感じられます」。

「オーダーメードで必要なものをつくってもらえる」。それも[未来工房]を選んだ理由の一つ。ガラス入りの建具や洗面台、キッチンやダイニングの壁面収納など、いつどんなふうに使うかを考えてつくった造作の数々に職人技が冴える。さらに、温もりのある無垢の木の空間に、タイルやステンドグラスでアクセントをプラス。素材もデザインも一つひとつ意志をもって選んで決めた、納得の仕上がりだ。「屋根裏の梁を見上げるのも好き。勾配があって天井が高くて、複雑な構造の形状が丸見え。いいものを使っている、というのを実感できます」と奥さま。素材や技術の確かさを目で見て、体感できることが、ここで暮らす安心感につながっているようだ。

中2階では子どもを遊ばせたり、昼寝をしたり

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 未来工房
  • 〒819-0014  福岡市西区豊浜2-2 hitマリナ通り住宅展示場 北会場
  • 092-885-5555
  • http://www.mirai-kohboh.co.jp