「自分たちらしい」
ユニークなバランスの和の住まい

普段は注文住宅を中心に様々なスタイルの家づくりに伴走する タカノホームスタッフMさん夫婦のリノベの家。

自分たちのくらしのモノサシに
フィットするリノベーション

モミジの新緑が目に飛びこんでくる玄関を抜けると、二間の和室を配したモダンなリビングが広がる。築23年の二階建てを、一階に和室一間の増築と、坪庭を設けてリノベーション。こちらの家主は、[タカノホーム]でプロデューサーを務めるMさん。お子さんとご夫婦で暮らす住まいを案内してくれた。
「元々の物件は構造もしっかりしていたし、駅近で公園もすぐそこにあって環境がよかったんです。土地面積は37坪と狭小ながらも、2台分の駐車場と希望の部屋数を確保できていて、自分たちの生活に合う条件をクリアしているんですよ」とMさん。「広さではなく、条件を満たせば、住まい方次第でこんなに快適に暮らせる」ことを実感してもらおうと、この自宅に家づくり検討中のご家族を招いている。

目的は、家づくりでなく
その先の暮らし方・生き方

家づくりに携わるご夫婦が大切にするのは、「完成した家でどうくらすか」の生き方の部分。住まいを見渡すと、民芸やエキゾチックな雑貨を配したしつらえと和室のバランスがユニークだ。
「和室が好きで活用したかったんです。普段の食事は坪庭の見える和室で。もう一方は2世帯で暮らすことも考えて。小上がり和室の引き出し収納を使えば、余分な家具を置かずにスッキリ暮らせます」。
リビング、和室、玄関が坪庭に面して、いろんな表情の庭のうつろいや光を生活の中に取り入れて楽しめる。
「5年を経て、屋根の葺き替えや勾配天井に窓を付けたりしたんです。家族のペースに合わせたプランを立てると、ストレスフリーの家づくりが楽しめます」。
コンパクトでいてゆとりと情緒漂うM邸。エスコートハウスで体験見学してほしい。

小上がりに腰掛けてくつろぐのも快適

この建築を手がけた会社