“男前”なテイストを取り入れた
居心地のいいウッディハウス

木をふんだんに使ったぬくもり溢れる空間に 年月を経ても色あせないヴィンテージ感をプラス。 ずっと守り続けたい、自慢のわが家が誕生しました。

子どもをのびのび育てたい
期限を設けて家づくりを開始

豊かな自然に恵まれながら、福岡市中心部にもアクセスしやすく、住宅地としての人気が高まる糸島市。その糸島で〝富士〟と親しまれる可也山の麓に完成したのがここで紹介するY邸だ。
Yさんは糸島生まれの糸島育ち。同じく糸島出身の奥さまと2人のお子さんと共に、それまで駅近くのマンションで暮らしていた。しかし上のお子さんの小学校入学を前に「もっとのびのびさせてあげられる環境へ」と引っ越しを決意。「でも僕は、新築でなくても…と。まずは実家近くの建売住宅を見に行ったんです。でも思いのほか窓が小さかったり、営業の方の押しが強かったり…(笑)。でも娘の入学まで時間がない。その時、タイミング良く実家の土地が使えることになり、それなら思い切って家を建てようと決めたんです」。
ビルダー探しは、打ち合わせやアフターサービスのことを考え糸島市内で探すことに。その中で目に留まったのが[棟生工務店]だった。「自然素材にこだわりつつ、デザイン性も高い。代表の想いにも共感でき、ここなら理想の家を建ててくれると思いました」。

「他とは違う」のイメージを
理想以上に叶えてくれた

木目を生かした空間に、「キッチンハウス」の男前なシステムキッチンを導入。アイランドスタイルで、家族とのコミュニケーションも完璧

無事にビルダーは見つかったものの、家づくりに関しては夫婦共々初心者。Yさんはとりあえず、「リビングは広く」「窓を大きく」「カーポートが欲しい」、さらに「他とは被らないテイストの家に」というリクエストを提出。しばらくして、上がってきた提案は、Yさんの理想を超えるものだった。「わが家の動線を考えてトイレの場所や、クローゼットを作る、作らないなどの修正はありましたが、テイストも含めてほぼ完璧。ヴィンテージテイストにマッチしたチーク材の床材や、リビングを広く見せてくれる勾配天井など、ほとんどが代表の吉富さんの提案によるものです。いいビルダーに巡り会えて良かったと思います」。
ご主人の横でうなずく奥さまも、「かわいらしすぎない、クールな仕上がりが気に入っています」とにっこり。家事のしやすさも含め、新築に踏み切って良かったと、心から感じているそうだ。

子ども部屋の床には、節目を生かした柔らかな杉を。壁は漆喰で、年間を通して快適な空間を作り出す

心地よく「循環する家」で
子どもたちものびのび

梅雨も間近のY邸訪問で印象的だったのが、カラリとした空気だ。[棟生工務店]では、木や漆喰といった自然素材を積極的に取り入れるのに加え、季節によって床下に暖気・冷気を循環させ、快適な温度、湿気を保つシステムを導入。年間を通して快適な空間が作り出せる。「そう言えば、引っ越してから洗濯物がすぐ乾くんです」と、奥さまも早速その性能に驚いている様子。そして広々とした空間や、外のデッキ、庭など、家のあちこちを循環しながら〝遊び場〟を得た姉弟も、Yさん夫妻が期待する以上に〝のびのび〟 。
これから迎える暑い夏、そして秋、冬へ。季節が移り変わるごとに高性能住宅の心地よさを実感できることを楽しみにしているYさん。また完成したY邸に刺激を受け「自分もここで」と、早速動き出している仲間もいるとのこと。

この建築を手がけた会社

  • 棟生工務店 株式会社 梁 hari
  • 〒819-1313  福岡県糸島市志摩稲留4-1