環境にも人にも優しい
自然素材の家

「自然素材を使った環境に優しい戸建に住みたい!」 という理由で家づくりをスタートしたUさん。 完成したお家は、その理想を超える快適さでした。

自然素材の家に住みたくて
マンションから戸建へ

天井高で広々とした、贅沢なつくりのリビング。床下エアコンなので、これだけ広くても空調が一定で、快適に過ごすことができる

結婚後、福岡市の人気エリアにマンションを購入。居住環境も周辺住民との関係も良好だったが、「マンションという出来上がった空間に住んでいたので、どこかで、自分のものじゃないような気持ちがしていて。妻と〝やっぱり戸建がほしいよね。建てるなら、自然素材を使った環境に優しい住宅がいいね〟という話で一致したんです」とご主人。
複数の展示場や完成見学会を回るなかで、エコワークスの一貫した丁寧な仕事ぶりに好感を抱いたお二人。「展示場でいいなと思った会社でも、完成見学会に行くと、あれ?と思うところが少なくなくて。その中で、エコワークスは、どこに行っても〝いいな〟が続いたんです。特に、木材の材質や雰囲気が展示場と一般のお宅で一緒だったので、ここなら安心して建てられると感じました」と当時を回想する。

キッチン周りの空間やデザインを工夫することで、前の家で使っていた食器棚やダイニングテーブルがうまく再活用できた

もともと環境問題に関心が高かったお二人は、自然素材を使用していること以外にも、エネルギー消費率がいい家であることに共感。太陽光発電や床下エアコンによる全館床暖房などを積極的に導入していった。
実際に住んでみると、その快適性は想像以上だったという。「一年間室温が安定しているのでとても快適です。それに、再生可能エネルギーによる自家発電が可能になり、地震や災害への備えもできるようになりました。エコで快適なんて最高です。10~15年後には、価格面でもプラスになるはずです」と、いくつもの実益を実感しているという。
最近はどこにも出かけず、家族4人、家で過ごす時間が長くなった。奥さまは「親として、自然素材に囲まれた環境で子育てができることは、安心であり、喜びです。毎日元気すぎるぐらい家の中を走り回っている子どもたちを見ていると、家を建てて良かったと感じますね」と嬉しそうに話していた。

「庭が広く取れたことも、戸建にしてよかったところ」とご主人。家庭菜園も楽しんでいる

理想の暮らしを伝えて
満足度100%の家が完成

設計時からご主人は、間取りや理想の暮らし方について、思いの丈を伝え続けた。その都度、担当者は声を拾い上げ、どうすれば実現できるかを思案してくれたという。特にこだわったのは、家の中心にあるリビングだ。「みんなが集まって生活したかったので、拠点となるリビングは強度の限界まで広げてもらいました。好きにリクエストさせてもらった上に、ほとんどを実現していただいたので、住んで1年経っても〝こうすれば良かった〟と思うところが出てこないですね。それが、すごく良かったと思います」と、妥協せずに突き進んだ数ヶ月間を思い返した。
奥さまのお気に入りは、ウォークイン・クローゼットの出入り口を両サイドに設け、回遊できるようにしたところだそう。「基本的に各部屋には出入り口が2カ所あるので、この家には行き止まりがないんです。それによって、生活動線はとってもスムーズになりましたよ。片付けもしやすいですね」と奥さま。また、「物をしまい込みたくない」というポリシーから、あえて収納は少なめに。自分たちらしく暮らすために、大衆的な価値観に縛られず、オリジナリティの家づくりに徹した。シンプルな家では、無垢材のぬくもり、窓から注ぎ込む日射しの心地よさ、ウッドデッキから吹き込んでくる風の爽やかさを、今まで以上に感じることができる。人の価値観さえも変わる快適性が、そこにはあるようだった。

秘密基地のようなロフトは、本を読んだり、思考を巡らしたりできる

この建築を手がけた会社

  • エコワークス 株式会社
  • 〒812-0878  福岡市博多区竹丘町1-5-32
  • 0120-370-910
  • http://www.eco-works.jp
  • http://www.eco-renovation.jp