無垢の木の温もりに包まれて
4世代7人がひとつ屋根の下

長年住み慣れた築60年の古家に別れを告げ、 4世代7人が一つ屋根の下に暮らす家を新築。 自然素材に包まれた、パッシブエアコンで年中快適な家で、 子どもからシニアまでみんなが笑顔で過ごしています。

決め手になったのは
自然素材とスタッフの人柄

和室と一体となった広々としたLDK。7人掛けのダイニングテーブルにはじまり、食器棚や収納、カウンターやテレビボードなど、無垢の木を用いた造作をふんだんに取り入れている。天井は無節の杉板を張ってすっきりと

少し前までここにあったのは、Sさんの奥さまの実家で築60年ほどの古い家。奥さまはお母さまとともにここで理容室を営んでいた。3人の娘を育て、家族や仕事の思い出もたくさん詰まった家は、少々古くなってもなかなか手放せるものではない。いつかは建て替えようと思いながらも、ふんぎりがつかなかったという。「でも、雨漏りもひどくなり、このまま住み続けるのがいよいよ難しくなって。主人が“みんなで住めるように建て替えよう”と言ってくれたんです」。

当時、その家に住んでいたのはSさん夫妻と、奥さまのお母さま。そこに、娘のIさん家族3人と、遠方で一人暮らしをしていた叔母さま1人を呼び寄せて、4世代7人で暮らすための家づくりが始まった。展示場やモデルハウスを見て回るうちに、奥さまは「子どもがいるので体に悪くない素材でつくる家がいいのではないか」と思うようになったという。その中で見つけたのが、自然素材にこだわる家づくりに取り組む[サン建築工房]。お母さまと一緒に依頼先を検討していた娘のIさんは「健康住宅であることももちろん魅力でしたが、スタッフの人柄が良くて、いろんなことを相談できて信頼できると思えたんです」と決め手を口にする。

異なる世代が快適に暮らすなら
ゆるやかにつながり、分ける

奥さまのお母さま・叔母さまの居住空間には、2人用のキッチン、洗面、浴室、トイレ、洗濯機を用意。自分たちのペースで暮らしてもらうために水回りを分けた

1歳8ヶ月の子どもから70代のシニアまでが一緒に住むとどうなるか?朝起きる時間が違えば、日常生活を送るペースも違う。みんなと会話を楽しみたい時間があれば、一人でゆっくりテレビを見る時間もほしくなるだろう。家族みんながお互いの存在を感じつつ、気兼ねなく自分のペースを守って暮らすためにはちょっとした距離も必要。そこで、玄関は一つながら、Sさんのお母さまと叔母さまのシニア世代が暮らす建屋と、Sさん夫妻と娘のIさん家族が暮らす建屋を大きく2つにわけ、水回り(キッチン、バス・トイレ)はそれぞれに配することにした。「この家は女が多いので、キッチンは2つあるほうがいいと思っていました。1つだと譲り合いになって、使いたいときに使えなくて不便だし、母や叔母のやりたいことを奪ってしまうことになるかもしれませんから。その代わり、食べるときはみんな一緒。母が自室のキッチンで一品つくっておかずを持ち寄り、こちらのリビングで食べています」と奥さま。

仏壇のある和室へは玄関からダイレクトに案内でき、リビングと障子で仕切ることもできる造りに。床はすべて九州産の無垢の杉。天井はすっきりと見せるため無節のものを選んだ

もう一つ、この家には“みんな”が快適に暮らす配慮がある。「前の家は冬がものすごく寒かったんです。冬の寒さが堪えていたので、ハウスメーカーを探している時に、太陽の熱を集めて家全体を持続的に温めるパッシブソーラーシステムに興味をもちました。でも、建築費がかかることから決めかねていたところ、“同じような技術がある”とサン建築工房さんに提案してもらったのがパッシブエアコンです」。これは小屋裏に設置したエアコンを活用して、冬は暖かい空気を床下から排出して暖め、夏は天井から冷気を排出して冷却するシステム。エアコンを効率よく使いながら全館冷暖房を可能にし、家中を一定の温度に保つことができる。これなら夏の熱中症も、冬のヒートショックも心配ない。

温もりのある九州産の杉で
仕立てた造作もお気に入り

せっかく新築したのに、自然素材に包まれた空間とインテリアの相性がよくなければ魅力も半減してしまう。そこでSさんはこれを機に婚礼タンスなどの古い家具を処分。家の雰囲気に合わせて、無垢の木を用いた造作もふんだんに取り入れることにした。「参考にしたのはSNSやサン建築工房の見学会や過去の施工写真。キッチンの食器棚と吊り戸棚、勉強机にもできるリビングのカウンターや、スライド式の鏡と収納を組み合わせたオリジナルの洗面台もつくってもらいました。建てている途中も週1回は打ち合わせを行なって、毎回状況を丁寧に説明してもらえましたし、もっとこうしたい、という要望も丁寧に聞いてくれて満足のいく仕上がりになりました」。

自然素材の温もりあふれる空間が完成。「和室と一体となったLDKは広くて視界が開けていて快適。窓も多くて、家の中が明るくなりました。それに、無垢の木の香りがするのが気持ちよくて。叔母には“森林浴効果があって、ここにいると疲れを感じなくなる”と言われました。広くなったので孫も元気に走り回っています。一番喜んでいるのは彼かも(笑)」とSさんは顔をほころばせる。ばらばらに住んでいた家族が再び、ひとつ屋根の下。これまでもこれからも、この場所に家族の歴史が刻まれていくに違いない。

キッチンやダイニングにカウンターを造作。いろんなところに居場所があると、家族みんなで集まってもゆったりと過ごせる

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 サン建築工房
  • 〒803-0814  福岡県北九州市小倉北区大手町3-1
  • 0120-36-2732
  • http://www.sunken.co.jp