子どものことを考えたら
〝赤ちゃん基準の家〟なら安心

「自然素材をうたっている会社は多いけれど 見学会で感じた空気感はそれまで味わったことがないものだった」 と語るMさん。赤ちゃんにもやさしい素材にとことんこだわる ハウスビルダーをパートナーに選びました。

“かっこいい”は大事だけど
“やさしい”はもっと大事

実家の敷地の一角に家を建てることになったMさん夫妻。まずは家づくりを考える多くの人と同様、近隣の住宅展示場やハウスメーカーのモデルハウスを訪問してみたという。しかし、よそ行きの顔をして飾り立てたモデルハウスに、奥さまの心が動くことはなかった。どこで建てたらいいのか悩んでいるところに、知人が「佐賀の会社も見てみたら」と教えてくれた。その中の一つが[住工房プラスアルファ]だった。早速、完成見学会に参加。「それまで展示場で見ていた家はおしゃれだけど、こだわりすぎていてピンとこない、という印象でした。でも、住工房プラスアルファの家は住む人のことを考えて建てられているのが伝わってきて、人が住んでいる姿を想像できて、いいなと思えたんです。それに、長女にアレルギーがあるので、〝赤ちゃん基準の家づくり〟という考え方も気に入りました。会社の雰囲気やスタッフさんの人柄もよくて、ここならスムーズにやりとりできると感じて、お願いすることに決めました」。

ランドリー室があれば
花粉も雨天も心配ない

シンプルでかっこいいデザインが好きな奥さまは、床材にオークをセレクト。すっきりとした見た目で、傷もつきにくい。和室と一体化した広々としたLDKには友人もよく遊びに来てくれるようになった

働きながら3人の子育てに追われる奥さまにとって、いかに日々の家事をストレスなくこなせるかは重要なポイント。かねてより、欲しかったのは〝ランドリー室〟。娘さんにアレルギーがあるため、外に洗濯物を干したくないと考えていたという。「しかも、周辺は田んぼに囲まれているので虫も多くて、取り込んだ洗濯物にまぎれこんでいることもしばしばありました。日中は私も仕事にでかけているので、雨を気にせずに洗濯物を干すことを考えると、ランドリー室をつくるしかない! と思っていました」。そこで、2.5畳ほどのスペースに、頑丈な物干しユニットを天井から吊り下げ、着替えをしまうチェスト2台も配置。洗う、干す、畳む、しまう、をできるだけ短い動線でこなせるよう設計してもらった。

もう一つ欲しかったのは、外出時に羽織るアウターや、長男の部活動の道具を置くための大きな収納。玄関とキッチンの間に階段下のデッドスペースも活用して、隠れ小部屋のようなウォークインクローゼットをつくって。「私や主人が日常的に使う服やバッグ、子どもの制服もここに置くようにしたので、毎日の身支度が便利になりました。荷物も人目につかないように隠せるので、片付けしやすくなって助かっています」。

オリジナルの造作は
使いやすくて個性的

「アパート暮らしの頃に比べるとすべてがグレードアップした」と奥さま。笑顔の理由は、家が広くなったとか、便利な収納や家事動線を手に入れたことだけではない。好みのガラスを組み合わせてデザインした建具や食器棚といった暮らしに彩りを添えるオリジナルの造作や、ぽかぽかと家全体を暖めてくれる床下エアコンなどの機能も気に入っている。「人を呼べる家になりました。息子の野球部の父親の会をわが家で開いたり、子どもが友達を連れてきたりすることも増えました。それに以前は階下の人を気にしてばかりいましたが、いまは子どもたちをのびのびと遊ばせてあげられるし、イライラしなくなりました。家づくりの要望は全部聞いてもらえて、〝できません〟といわれた記憶がない。すべてに満足しています」。

生活感のでそうな家電はリビングから見えないパントリーとウォークインクローゼットに収納

この建築を手がけた会社