子どもたちの元気が
「いい家」の証しです

回遊性に優れたT邸は子どもたちにとって絶好の遊び場! [東洋建設]と建てた明るくてにぎやかなわが家です。

仕事ぶりをよく知っている 東洋建設だから安心だった

玄関を開けた取材スタッフを出迎えてくれたのは、3人の元気なお子さんたち。広いLDKをただ走り回るだけでも楽しそう。少しもじっとしていないのは、きっとみんなこの家が好きでたまらないからに違いない。T邸のシンプルな住空間を彩るのは、家族のにぎやかな笑い声や会話だ。

Tさんご夫妻はお子さんたちが小学校に上がる前に家を建てたいと考え、ご実家近くの岡垣町で土地探しを始めたそうだ。土地探しから家づくりのパートナーになってくれたのが、北九州を拠点に信頼を築く[東洋建設]。実はご主人が仕事でお付き合いのある会社でもあるのだとか。同社に全幅の信頼を寄せるご主人は「仕事を通してまじめな会社の姿勢を良く知る会社だったので、最初から何もかも安心してお任せできました。他社と比較することもありませんでした」と、家づくりが始まったばかりの頃を振り返る。

設計を決める際に主導権を握ったのは、家にいる時間がもっとも長いであろう奥さま。「玄関は来客用と家族用に分けたい」とか「キッチンには回遊性を持たせて、学校や幼稚園から配られるプリントを貼るホワイトボードがほしい」とか、「1階には家族みんなの洋服を収納できるファミリークローゼットを設けたい」などなど……依頼したリクエストはどれも自分たちらしい暮らしをよりスムーズに、快適にするために考えられた内容だった。これらすべてを予算内でかなえるのが[東洋建設]の腕の見せ所。「いつも親身になって話を聞いてくださいました。モデルハウスにしても、あんなにゆっくり話しができる会社はそうないと思います。ほとんど私たちの要望どおりにしてもらいました」と、ご夫妻は笑顔で話してくれた。

打合せもスムーズに 想像以上にいい家が完成

「家づくりを始める前から自分たちが住みたい家のイメージをはっきりと持っていました」というTさんご夫妻。インターネットやインテリア関連の雑誌で好きな外観や空間を探し、イメージを共有していたそうだ。 「だから打ち合わせもものすごく早くて、あまり悩まずにすみました。設計図を見ただけだと完成の様子は予想もつきませんでしたが、東洋建設さんを信頼しているので、あとは早く新居に住みたい!という気持ちが高まるばかり。地縄を張った時はこんなに狭くて大丈夫?って不安になりましたが、完成すると想像以上に大きくてびっくり!もちろん考えていた通りの家になっていました」。

アパート時代はうだるような暑さや、ジメジメとした結露に、しょっちゅう悩んでいたが、その心配も新居ではご無用。湿度が高い日も結露が発生することはないし、夏はスーッと爽やかに涼しい。「子どもたちは喉が弱いのですが、この家は空気がきれいだからか症状が出にくいようです」。子どもの健康に優しいのも、子育て世代には欠かせない家づくりのポイントだ。 「太陽光パネルもつけて良かった。初期投資はかかりますが、電気代はほとんどかかりませんから」とご主人。「太陽光パネルは東洋建設さんの推奨だったので感謝しています。とにかく何でも気軽に相談しやすい、という点がイチバン!家はメンテナンスが大切、今後も補修工事などが出てくると思いますが、わが家には東洋建設さんがついていてくれる──そう思うだけで心強いです」。施主と足並み揃えて家の歴史とともに歩んでくれる。そういうパートナーを私たちも見つけたい。

ナチュラルでシックなLDK。玄関とつながる左奥のドアの前に1枚壁を設けて、回遊性のある空間に

この建築を手がけた会社