デザイン性と快適さのバランスが絶妙
機能性も兼ね備えた理想の住まい

家づくりを考え始めた頃に出会った[ホームラボ]。 豊富な知識と経験を持つスタッフがいたからこそ 初めての家づくりも安心して取り組むことができました。

素材や性能にこだわった 真摯な家づくりに共感

白×黒×木目のバランスが絶妙な四角いお家

家づくりを考え始めたのは、今から4年ほど前のこと。「長女が小学校に上がる前にと考え、展示場へ行ってみました。マイホームは無理じゃないかなと思っていましたが、シミュレーションをしていただくと大丈夫そうだということがわかり、本格的に考えようと思うようになりました」と、奥さまは当時を振り返る。[ホームラボ]を知ったのは、インターネットがきっかけ。ご主人の同僚が[ホームラボ]で建てていたこともわかり、展示場を訪れてみることに。「展示場に伺うと、その日は見学会も開催されていることがわかり、そのまま参加しました。私たちの理想とも近い印象を受け、素材や性能にもこだわっている事がわかり、ここなら信頼できると確信。ホームラボに決めました」。

デザイン性と機能性を 兼ね備えた間取り

「どちらかといえば、外観よりも間取りを重視しました。この家はBOXタイプなので限られたスペースに、必要な機能をいかに収めるかで悩みましたね」とSさんご夫妻。1階に家事室とクローゼットを兼ねた部屋を設けること、キッチンのカウンターとダイニングテーブルを横並びに配置すること、リビングとダイニングを日当たりの良い南側にすること、客間としても使える和室をつくることなど、ご夫妻の想いを伝え、いくつかのプランを提案してもらったそう。また、玄関に入ってすぐのインパクトにもご夫妻はこだわった。「玄関から入ってすぐに“おっ”と言われる家にしたくて」と奥さま。玄関を広くみせる工夫として、鉄骨のオープン階段を採用。天井には木を貼り、落ち着きのある空間を演出した。「みんな“おしゃれ”って言ってくれます」。

高断熱・高気密だから 冬でも気持ちよく過ごせる

この家で暮らし始めたのは2018年12月から。高断熱・高気密と機能性も高く、床には温もりのある無垢材を使っており、今冬も裸足で過ごすことができたという。「近所に住む友人は早い時期から暖房を入れていたけれど、この家は日中の太陽光で発生する〝ふく射熱〟で部屋が温まったままなので、冬でも暖房を使わない日もあるんですよ」と奥さま。また、洗濯物を干したり畳んだり収納したりも、全て家事室で完結するほか、ダイニングの床はタイルにするなど、掃除がしやすい工夫も施されている。「もう少ししたら窓を全開にしてデッキでバーベキューを楽しみたいですね」とご主人。バーベキューを楽しむ幸せそうなファミリーの姿が、今から目に浮かぶ。

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 ホームラボ
  • 〒839-0809  福岡県久留米市東合川7-6-7 1F
  • 0942-45-6061
  • http://www.homelabo.com