軒の深い、人気の平屋!
大工の手仕事満載の長期優良住宅

外観は塗り壁にし、窓には戸袋を設け 雨どいは金属製の素材を採用するなど、 メンテナンスのしやすさを考えた素材選びに注目。 丈夫で長持ちする『長期優良住宅』の良さがここに!

室内調湿を調節する無垢材と
通風彩光に優れた住まい

竿縁天井と天然木目の縁側があるシンプルな和室。日当たりが良い広縁は、ごろんと横になってひなたぼっこをするのに最高!

勾配天井に張られた節ひとつない木肌の美しさ、格子や建具の建築美。日本建築をベースにしたこの質感のある空間に、圧倒されない人はまずいないだろう。この家の持ち主であるKさんの奥さまも「星和住研に辿り着くまでたくさんのハウスメーカーに相談したけど、わたしたち家族のリクエストすべてに応えてくれると確信したのは星和住研だけだったんです」と語る。期待を裏切らない仕上がりの良さは、見た目だけではない。例えば、リビングの床。床暖房専用の床材を使わず、熊本県産の球磨ヒノキを使用。よく乾燥させたヒノキを使っているので、床が呼吸をし、足触りがとてもいいのだ。足から伝わる木の触感はおふろ上がりが一番わかると奥さまは言うが、その笑顔から大満足の様子が見て取れた。

高性能な断熱設計で冬の寒さ
夏の暑さから守ってくれる

棟上げが終わった後は、棟梁一人で建てるのが[星和住研]流。大きな責任を背負うことで厳しい目で自分の仕事を見つめ、家への愛情が増す。だから細部への気配りがより行き届くのだ。家の中には手刻み(ハンドプレカット)による細工もあり、手仕事を大切にする大工の心意気が伝わってくる。デザイン次第で部屋の雰囲気が変わる建具は、すべてオリジナル。お客さまの好みによって遊んだり遊ばなかったり自由度は高い。一方で吹き付け式の高断熱や気密性・断熱性に優れた樹脂サッシ、ドイツ製の熱交換型換気を取り入れるなど人の目に見えない部分まできちんと熟慮する。手仕事をベースとした丁寧な 家づくりと性能を向上させた長期優良住宅こそ[星和住研]が得意とする技術だ。

桜の敷台が目を惹く玄関は大勢の人を迎え入れやすいようL字型に

シンプルだけど重厚感がある
みんなに愛される木の家

昼間の光の下で見る家もカッコイイが照明が灯る夜もステキだ。二度見三度見してしまうその美しさは、ご近所の間でもすっかり評判に!

長年、仕事一筋のご主人も「時間があるときは庭に水をまいたり、仕事が終わったらすぐに帰ってくるなど、家で過ごす時間が長くなりました」とうれしそうに笑う奥さま。ご主人の行動の変化からも、満足度の高さが伝わってくる。庭はご主人のアイデアをもとに芝生を敷き、水遊びができる場所をつくった。お孫さんの喜ぶ顔が見たいと考えていたご夫婦の願いが叶う家となった!

キッチンの収納は、実は既製品を使用。「リビングと調和するように、お客さまから見える扉と引き出しの表部分だけ建具をつくってもらったんです」と奥さま

また、ご近所づきあいや親戚づきあいが盛んで、お客さまを迎え入れることが多いご夫妻。奥さまは、キッチンと和室が廊下を隔てて分かれていた以前の家の間取りに、常々違和感を覚えていたと話す。「親戚のみんなが集まってお酒を飲みながら談笑しているのに、キッチンに立つ人だけ違う空間にいる心の引っかかりをずっと感じていたんです。わたしもみんなの輪に入って楽しみたい! ずっと抱いていたこの夢を何とかしたかったんです」。だから、この家のテーマは「和室の位置」。和室のふすまを開ければリビングとひとつの空間になり、みんなの楽しそうな会話がキッチンにいる奥さまにも伝わってくる。長年寂しい思いをしていた奥さまの悩みも、これで解消! 新居で初めて迎える今度のお正月が、とても楽しみだという。

この家に住み始めて約3ヵ月。「アレルギー体質の末娘も、この家を気に入っています」と奥さま。天然国産材のみを使用しているので新築特有の匂いはなく、木の香りだけがこの家と家族を包み込んでいる。

日本の住まい方の基本となる軒が深い家。軒を深くすることで、冬は低い位置で動く太陽の光を取り込みやすく、陽が高い夏は日射を遮り、季節に応じた快適性を実現!

この建築を手がけた会社

  • 星和住研 株式会社
  • 〒802-0974  福岡県北九州市小倉南区徳力1-12-6
  • 093-962-2323
  • http://www.e-seiwa.net