急勾配の大屋根が映える
美しい姿に心ときめき
のびやかな空間に憩う

オレンジ色の瓦屋根に白い外壁が爽やかな 南仏スタイルの可憐な家。 Nさんが思い描いたイメージを 形にしたのは、地元で 輸入住宅を手がける[ブルースホーム]。 その美しいフォルムは 太陽の光と青空がよく似合う。

「家が大好き!」な担当さん
始まりはうれしい出会いから

洋風の可愛い外観、本物の木を使った温もりあふれる室内…。憧れの我が家をイメージしながら情報を集め[ブルースホーム]を知ったNさん。訪れてみると「家づくりは楽しいですよ」と、まさに「家が大好き!」というのが伝わってくるスタッフが話を聞いてくれた。それが担当の大場さんとの出会い。「その日のうちにこんな人に担当してもらいたいと思いました」。

 


土地探しでは、見つけた土地について相談すると、大場さんが何度もそこへ足を運び、区画図だけでは分からない周辺道路や夜間の様子など、写真を添えて報告してくれた。「そこまでしてくれる担当さんは他にはいませんでした。実際にご家族がお住まいの施工邸も見せてもらい、住み心地を聞けたのも良かったですね」。

細部までこだわりを実現し
のびやかな住み心地を満喫

「外観は憧れのプロヴァンススタイル。室内は大きな窓を設けて明るく広々とした空間にこだわりました」。他にはリビング階段やパノラマのダイニングスペース、造作の洗面化粧台など、同社の施工邸を参考にしながら取り入れたNさん。プランニングにはじっくりと時間をかけ、中でも階段の位置は何度も設計変更をお願いしたそうだ。「それも快く対応してもらい、納得いくまで検討でき本当に感謝しています」。

建築中は現場で監督と打ち合わせをすることも多かったとも。「収納の使い方を聞いてもらい棚の位置やサイズを決めました。迷った時には他の現場を見せてもらって決めるなど、その都度判断できたので、生活してみて暮らしやすさを実感しています」。

特にNさんのお気に入りは明るいリビングルーム。大きな窓から光と風が注ぎ、キッチンやダイニング、和室、さらにはウッドデッキともつながりゆったりとくつろげる。2×4工法ならではの大空間。しかも高気密・高断熱だからエアコン効率がいい点も魅力だ。

部屋ごとにテーマを決めて
色・素材・変化を楽しむ

1階はLDKを中心に和室や水まわりがつながるパブリックな空間。2階は階段ホールを挟んで主寝室と子ども部屋を左右にレイアウトしたプライベートスペース。空間ごとにテーマを決め壁紙を選んだり照明やカーテンをコーディネートしたりと、家づくりを楽しんだNさん。勾配天井の子ども部屋は将来2部屋に仕切るなどライフスタイルの変化にも対応できる。

「可愛いね、広くてびっくり、など、訪ねてくれたお友達にも好評です」と奥さま。すべてに納得の我が家を実現したNさんに、あえて「また家を建てるとしたら」と質問すると、「やっぱりブルースホームさんで、次はアメリカンスタイルの家を」と、笑顔で話してくれた。

この建築を手がけた会社

  • ブルースホーム小倉・福岡中央 株式会社 不動産プラザ
  • 〒803-0844  福岡県北九州市小倉北区真鶴1-12-11
  • 093-562-7136
  • http://www.brucefukuoka.com