狭小地でも開放的な空間に!
快適性に優れた吹き抜けのある家

予算に合わせたオーダーメードの家づくりに 定評のある[オーナーズ・ホーム]。 今回手がけたのは、コンパクトな敷地ながら 想像を遥かに超える心地よい家でした。

狭い空間も開放的な広さに!
すべてはアイデアと工夫次第

リビングと段差をつけた和室では、子どもたちが腰をかけて勉強をすることも。押入れを上げることで床に空間をつくり、リビングと一体化した広い空間となった

陽の光が燦々と降り注ぐ、明るくて開放的なリビング。「隣の家の人と目が合わないように、窓をなくして天窓をつくったんです」。奥さまに声をかけてもらわなければ窓がないことに気づかなかったほど、部屋はとても明るい。上を見上げると、大きな天窓が2つと頭を超える位置に小さな出窓が2つ。「居心地のよい空間ですね」と伝えると、「コンパクトな土地なので、いかに広く明るい家にするかがテーマでした」と笑顔で返してくれた。階段の壁をくり抜くことで、空間の広がりを見せることもできた。窓の位置、窓の数はすべてご夫妻で話し合って決めたというが、ふたりの会話から[オーナーズ・ホーム]のフレキシブルで誠実な対応が伝わってくる。

納得がいくまで話し合える
だから、最高の家ができた

「お友だちのおうちに行ってキッチンの高さを確認するなど研究しました!」と奥さま。一般的なキッチンよりも5〜10cm高さを上げて快適に仕上げた

以前は、社宅の一軒家に住んでいたCさん一家。家賃を払いながら住み続けるより、子どもたちが大きくなる前に家を買おうと決意。ネットで資料請求をし、様々な工務店の完成見学会に出かけたが、ふたりがお願いしたのは[オーナーズ・ホーム]だった。「オーナーズ・ホームだけで、完成見学会は5回ほど行ったと思います。施主さんの各こだわりとそれに沿ってつくった経緯を聞くと、注文住宅だからリクエストに応えるのは当たり前なのですが、僕たちの要望を受け入れてくれるのはこの会社だと確信したんです」。

そして、ご主人が「パーフェクト!」と満面の笑みを浮かべる家が完成した。以前の家も子ども部屋はあったが、子どもたちは〝今の家〟の自分の部屋がお気に入り!「前は家族4人川の字で寝ていたんですけど、新居に移った後、子どもたちはおもちゃに囲まれて寝たいと自室で寝るようになり、少しだけ自立してしまいました(笑)」と奥さま。思いをカタチにした新しい家での暮らしは、家族の笑顔と成長で溢れていた。

この建築を手がけた会社

  • オーナーズ・ホーム 株式会社 ZOME(造夢)
  • 〒807-1123  福岡県北九州市八幡西区下畑町13-7
  • 093-618-5717
  • http://www.zome.biz