好きな家具を主役に
空間はシンプルに

今まで住んでいた社宅を譲り受け、改装したマンションリノベ。 ご夫婦お気に入りのアンティークの家具が映える住まいに変身です。

コミュニケーションを深め 思い描くイメージをかたちに

築25年の分譲マンションをリノベーションしたKさんご夫妻は、小学2年生のお子さんとの3人暮らし。アンティークなインテリアが好きなご夫婦ゆえに、当初は古民家を購入するリノベーションも検討したそう。

「遠方の方の高台に理想の家も見つけたんですが、通勤や子どもの通学を考えると難しいかなって。そんな時、縁あって社宅だったこのマンションを譲り受けることができたので、“自分たちらしい家にアレンジしたい”とマンションリノベをすることにしたんです」と、ご主人が当時を振り返る。

北欧家具や雑貨など一つひとつのもの選びに想いがあり、慎重なお二人。[タカノホーム]の家の雰囲気は一目で気に入ったものの、家づくりに関しても「イメージ通りに実現してもらえるか」不安もあり、相談会やエスコートハウスに足繁く通い、方向性やテイストを共有し固めていったそう。

「スタッフの方に私たちの希望や思いを伝えると、何かしら答えを返してくれるんですね。コミュニケーションを深めていけたので、納得の家づくりができました」。

広さとシンプルさを追求 圧迫感のない軽やか空間

夫婦の趣味で揃えているインテリアが様になる空間すべて。料理好きな主人が朝ごはんを作ってくれたり、家族で過ごす時間も深まりました 。

3LDKだった空間は、和室などをなくし、家族がメインで過ごすLDKを大きく採って、広さを重視。白を基調に、壁の一面だけブルーグレーの色をとり入れ、寝室に面した壁には、黒い窓枠が洗練感を生む室内窓を設けて開放感を高めた。さらに、ご主人の希望で壁の角を丸くすることで、圧迫感が薄れ、空間に柔らかさもプラス。

「オークの無垢床は二人のこだわりで、アールの壁や扉などは主人が、私はキッチンやトイレなどを担当しました」と微笑む奥さま。

細かな部分でテイストが分かれるところはご夫婦で担当を決め、委ねるルールを作って、確かめ合いながら進めていったそう。

暮らし始めて1年半。「家具の見え方が全然違いますね。ベースとなる空間はデザイン過多になりすぎず、俯瞰でバランスを取ることが大事かもしれません」と、アドバイスをくれるご夫婦。基本がシンプルだから、模様替えが趣味の奥さまの手によって、そのつど変化する様も魅力的なK邸です。

手持ちの食器棚と造作棚を組み合わせたゆとりのキッチン。「目地がグレーの白タイルもお気に入りです」と奥さま

この建築を手がけた会社