和モダンな空間で
心地よい時間を味わう毎日

創業80年を数える米屋を守るご主人と、 多忙な奥さまの2人が求めた家は、 毎日を温泉宿で過ごしているような気持ちになれる、 和モダンな風情をまとった家でした。

我が家はここに任せたい 決め手はやはり〝信頼感〟

2階部分に大胆に配した格子は目隠しの役割も。1階の手前部分は店舗で、お客様を向かえるため、軒を広くとるなどの工夫を

ご主人は、福岡市で創業80年を数える米屋の3代目。もともと西区で営業をしていたが、祖父母から土地を譲り受けることになり、新店舗兼住居を構えることに。その後ビルダーを探し、数社を検討していたところ、地元のボランティア活動で[マルベリーハウス桑野組]の社長・桑野さんと出会って意気投合。福岡で長く商売をしてきた同社への信頼もあり、家づくりを依頼することにした。

シャープな直線と、温かみのある木を組み合わせた外観は、住宅街の中でもひときわ目を引く存在。その1階正面に構えた店舗には、大胆な壁紙や、昔ながらの鍵が付いた昭和風の引き戸など、ご主人のこだわりがそこかしこに取り入れられた。「1日の大半を過ごす空間。やっぱり好きなものに囲まれた方が気持ちいいです」。

そして住居部分へ。仕事とプライベートを過ごす場所は雰囲気を変えたい、というリクエストが叶えられ、そこにはまるで温泉宿のような居心地のいい空間が。

大胆に梁を生かしたLDK。全面に施した障子の奥には、食器棚や冷蔵庫置き場、さらには洗面所・バスルームへの出入口も

忙しい2人がいつも 笑顔で過ごせる家

梁を生かした吹き抜けと、奥一面の障子が空間をより広く見せるLDKは、2人の大のお気に入り。「実は桑野組さんのショールームのLDKデザインが素敵で、そのまま取り入れてもらいました。キッチンとダイニングテーブルが横並びになった配置もすごく使いやすいです」と奥さま。もともとはマンション派だったが、この家が建ってから、すっかり一軒家派になったそう。また一軒家に感じがちなヒンヤリ感も、床暖房を入れることで解決。冬場も快適に過ごせそうとのこと。

またY邸には、所々に“遊び”があるのも特長だ。「例えばトイレや洗面、キッチンのパネルなどには好きな色を。2階には趣味の部屋を。自分の家ですから(笑)」。

多忙な2人がいつも笑顔でいられる家。それは日常と非日常をバランスよく取り入れた家だった。

洗面所へもすぐアクセス。家事がしやすい動線を実現
リビングに隣接する和室は琉球畳でモダンな雰囲気に。中心には祖父から譲り受けた火鉢机を

この建築を手がけた会社

  • マルベリーハウス 有限会社 桑野組
  • 福岡市早良区干隈4-20-9
  • 092-861-7126
  • www.kuwanogumi.com