思い描いていた夢を実現した
カリフォルニアスタイルの家が完成!

映画やドラマを見て憧れたカリフォルニアスタイルの家。 好きなものに囲まれて、自由に過ごす 思い描いていた理想の家が完成しました!

土地探しも家づくりも すべて相談できる安心感

真っ青な空と白い外壁のコントラストも見事!
リビングに階段を置き、2階の自室に行く際は必ず家族と顔を合わせる動線をつくった。フロアには防虫効果の高い燻煙杉を使用。柔らかく冬でも暖かいため、一年を通して素足で過ごすことができる

田舎暮らしがしたいとの思いで約5年前に糸島で暮らし始めた0さん一家。お子さんたちの成長とともにマンション暮らしが手狭になり、増税前のタイミングで家づくりを考え始めた。休日は周辺の土地を探す日々。ある日、住宅も土地も手がける地元企業[へいせい]を知り、相談に訪れた。

「アメリカの映画やドラマを見てカバードポーチでブランチをするような暮らしに憧れていました。へいせいさんは自然素材を使った家づくりが得意な印象があったので、私たちが思い描くカリフォルニアスタイルの家もつくってくださるかをお聞きしたところ、〝できます〟〝やりましょう〟と言ってくださって。地元で長くされていますし、安心してお願いすることができました」。こうして0さん一家の家づくりが始まった。

思い描いていた家を 予算内で実現できた!

青空に映える白い外観。念願のカリフォルニアスタイルの家には、家族全員のさまざまな希望を詰め込んだ。お菓子づくりが趣味という奥さまはキッチンに作業台を設け、帰宅が遅く出張も多いご主人は浴室にこだわった。また、2階は寝室や子ども部屋で、3姉妹がみんなで遊べるフリースペース、更には収納用に屋根裏部屋もある。 「家のどこにいても家族の声が聞こえます。下の娘2人は外で遊ぶことが増え活動的になりましたし、長女もリビングで過ごす時間が長くなり、会話も増えました」。新居での暮らしは、子どもたちにもいい影響を与えているようだ。「希望を全て叶えると予算の枠を超えてしまいます。へいせいさんは、こだわりたいところはこだわり、予算を抑えるところは抑える、バランスの良い提案をしてくださいました」。予算内で思い描いていた家を実現した0さん一家。憧れていた映画のような暮らしを、思う存分楽しんでいる。

この建築を手がけた会社