家族を温かく包み込む
優しい風と光が通る家

夏に窓を開けると、スゥ〜と風が耳元で抜け、 冬は家族の温もりに似た、ほっこりとした光が照らす。 そんなN邸は、季節の恵みを感じられる木造りの家。 ここにご夫妻と叔母さまが仲良く暮らしています。 心地よい和モダンの住まいを覗いてみましょう。

時間の〝質〟が大きく変化! 今の暮らしを支える家に

奥さまの叔母さまと同居しているNさん夫妻。もともとこの場所にお祖母様の家が建っていて、当初はリフォームの検討から動き出したそう。「かつての祖母の家にはリビングスペースがなかったので、食事をしたらすぐに寝室に移動してました。同居するにはプライベートを保ちにくい間取りで、今の生活には不便に感じる部分が多かったんです…。リフォームだとコストが膨らみそうだったので、最終的に建て替えることにしました」と奥さま。茶道と華道を極める叔母さまにマッチするように、新築でも和のテイストの家にしようと、ご主人と意見が一致。木造住宅専門のメーカーを探す中で、古民家再生を得意とする「ハウスランド」に出合った。

「『吉木』と『風のくら』のモデル住宅を見たとき、木の佇まいに惹かれてその場で決めました。スタッフの方とお話ししたら、木造りの家の魅力を丁寧に教えてくださって、ここなら信頼できると感じました」とご主人。また、[ハウスランド社]なら長年大切に扱われてきた庭を活かせると確信したことも、同社に決めた理由の一つだったそうだ。

家族にとって大切なものとは その答え合わせができた!

本来は洋風の家に使う、明るい色味の自然塗料を木材に取り入れることで、垢抜けたナチュラルテイストの和空間に仕上げた。また、吹き抜けに窓を取り入れ、採光と風の流れを確保。冬が寒い吹き抜けのデメリットを、24時間蓄熱ヒーターが解消!

[ハウスランド社]は自由設計だからこそ、打ち合わせを進める中で間取りの変更やアレンジができる。「打ち合わせの期間を長く取って、“本当に必要なことはなにか?”と突き詰めるプロセスが大事です。間取りも造りも検討を重ねることで、ご家族が心から満足する家が完成しますから」と、[ハウスランド社]の三上代表。Nさん夫妻も家族の環境や、自宅の優先順位を見直す機会がたびたび訪れ、その都度プロの視点からアドバイスをもらい、慎重に家づくりを進められたと語る。一番時間がかかったのは間取り。叔母さまの茶室と家族の生活スペースの配置を試行錯誤し、最後はご主人自ら間取り図を引いてこだわりを貫き、「紆余曲折に柔軟に対応してもらえて、ハウスランド社さんには何度も助けられました」とご夫妻。

ロフトはご主人の読書スペース。通常の屋根裏よりグンと広く、居心地◎。コミックをたくさん収納できる造作棚を完備

また素材選びであれこれ悩んだ時も、三上代表が的確なアドバイスでビシッと決めてくれた。例えば、『小国杉の浮造りの床』を費用の兼ね合いで諦めかけていたところ、「せめてリビングだけでも」と三上代表が背中を押してくれたことが、実際に住み心地を大きく高めるポイントに。「三上さんはうわべの提案ではなく、長い目を見て、本当にいいことを薦めてくれる実直な方です」とご主人は語る。

毎日叔母さまの茶道と華道の作法を近くで眺めるご主人は、「ゆくゆくは私も書道を始めたくて」と将来を思い描く。祖母の代から長く受け継いできた真髄を、Nさん夫妻らしく大切に、ゆっくり守り続けていくのだろう。

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 ハウスランド社
  • 〒816-0855  福岡県春日市天神山2-83
  • 092-922-8771
  • http://www.h-land.jp