個性が織りなす
家族の想いを纏った家

育ち盛りの2人兄弟が、中で外でと元気に遊び回るN邸。 カフェと見間違えるほどにオシャレなこの家は ご夫婦の家への想いとこだわりが隅々にまで宿っていた。

〝家は見た目重視〟なご主人の 心を動かした、ある言葉

住宅街のなかでさり気なく存在感を放つグレーの家。熊本地震で被災したNさん一家の新しい住まいだ。家の中には家具や照明、雑貨などビンテージや趣深いものが揃う。これは以前の住まいから大切に使い続けているもの。「私達らしい家づくりがしたくて、会社選びはとても悩みました」とご主人ははにかんだ。

「とにかく見栄え重視」(ご主人)で住宅会社を探していたご夫婦。[バウハウス.]もモデルハウスの高いデザイン性に惚れ込み、気に入った会社の1つだった。数社絞り込んだ中で決め手がない中、思わぬ後押しが入る。ご主人の同級生が[バウハウス.]の電気工事を担当していたのだ。「いろんな現場に入るけど、エアコンが入っていない工事時点でも快適。あんなに高性能で費用対効果が高い家は中々ない、と熱弁されました」。見た目ではわからない裏側の話に心が動いたご夫婦。さらに担当大工も友人だという偶然も重なる。結果、性能面が最後の決め手となり、[バウハウス.]での家づくりを決断した。

引き算で作った家には 本当にいいものが残った

家具や照明はすべて、以前から持っていた物。まるで誂えたかのように、サイズもテイストもピッタリと収まっている

感性豊かなご夫婦は、作りたい家のイメージが固まっていた。「バウハウスは建築家との家づくりが魅力だけど、異なる価値観を押しつけられないか不安もあった」が、杞憂に終わったという。「建築家の小川さんは、しっかり土地を見て、私達の希望や性格、ライフスタイルを丁寧にヒアリング。使いたい手持ちの家具も一つ一つ写真やサイズを送って、プランの隅々まで私達の意志を宿してくれました」と、建築家に〝想いが伝わる〟喜びを感じたという。例えば熱望した土間は、リビングに内土間を沿わせ、外土間とつなげるという大胆な提案に感激。外の木々を借景する大窓も建築家の提案だ。奥さまが自転車をあまり出さないと聞くや、取り出しやすいよう玄関に縦収納できる場所を設置。手持ちの家具もより〝映える〟ようにセンチ単位で場所を決めた。印象的なキッチンのモルタルの腰壁は、手元を隠す役割も。床はアンティーク家具が映えるパーケットに、キッチン棚は床と同じ材木で造作に。二人の希望は、 一つ一つ、理想以上の形に。「やりたいことを継ぎ足すのではなく、最初に建築家の先生が最大限の姿を見せてくれ、そこから必要なものをブラッシュアップする引き算の家づくりでした。予算もイメージしやすく、希望を詰め込みがちな私達に合っていた」とご主人は振り返った。

家族の性格も包み込み 心豊かに過ごせる場所に

ご主人は几帳面、奥さまはざっくり。正反対な性格というお二人が抱いていた「片付け問題」すら、この家は解消した。「玄関奥に、ランドセルや荷物、上着を収納できる〝個人ロッカー〟空間をお願いしました。サイズや棚の仕様も細かくオーダーしたんです」と奥さま。玄関側からも室内側からも荷物を出し入れでき、朝のバタバタ時も荷物が散らからない。洗濯などの家事動線もコンパクトにまとめて、収納も随所に設けた。「片付けで互いに不満を抱くことがなくなったかも」とご主人も微笑む。ロッカー空間の入口を飾るのは、昔、ご主人が手作りしたドア。家族の輪を象徴するスポットだ。

使い方を決めないフリースペースを2階に設けた。ハンドメイドやリメイクがライフワークの奥さまのアトリエに

こだわりの家具を生かすため、あえて家自体はシンプルに。これが、まるでショップのようにオシャレな空間を創りだしている。寝室とワークスペースが広がる2階には、ご主人愛用の楽器と、奥さま愛用のプロ仕様のミシンが並ぶ。リビングから内土間、外土間とつながる開放的な空間を優しく包むのは、奥様が手作りしたカーテン。子ども達も好き好きに居場所を見つけて伸び伸び遊んで…、でも結局みんなリビングに集まる、そんな朗らかな日々を送っている。高気密・高断熱で高性能な家のおかげか、それともデザイン性の高さからか、「不思議と、家の中の空気がいいなって感じるんですよね」と、ご主人は深呼吸した。

ご主人愛用のウッドベースやギター。気が向いたらすぐにつま弾いたり

この建築を手がけた会社

  • BAUHAUS. 株式会社 木村建設 住宅事業部
  • 〒860-0863  熊本市中央区坪井6-17-15 3階
  • 096-346-0230
  • https://www.kimura-bauhaus.jp