本当に必要なものを考えて
辿り着いた答えがここに

住むうえで大切なのは、 健康的で住環境が良く、人生を楽しめる家であること。 そんな理想を叶えたモデルハウスは、 ペットと快適に暮らせる二世帯住宅でした。

ずっと暮らす家だから 基本を大事にしたい

リビングに面する南側に、格子を設けることでプライバシーをしっかりと確保。モダンな外観はシンプルで飽きがこないデザイン

家を建てる目的は、それぞれの家族で違う。しかし、生活するうえで大切なものというのは、それほど大きく変わらない。暮らしを営む上で本当に大切なこと。それを気づかせてくれるモデルハウスが熊本市東区に誕生した。約30年に渡り、真摯に住まいづくりに向き合う地域密着型のビルダー[フォスターハウス]。造りだしたのは、2世帯、3世帯にも対応する新時代型モデルハウスだ。この住まいに込められているテーマは、「健康」「生活環境」「人生の楽しみ」。[フォスターハウス]は、このすべてを実現するため、最新技術を取り入れながらも、日本古来の住宅技法を見事に組み込んだ、理想の住まいを完成させた。人生を楽しみながら、機能的かつ健康的に過ごすモデルハウスは、これからの暮らしをより豊かにする。

自然の力を取り入れた 健康的に暮らせる家

つねにキレイに保つ意識を持てるキッチン。収納スペースが充実しているからこそ使い勝手も増す

このモデルハウスは、細部に健康的に暮らせる工夫が施されている。家に入って気づくのは、化学資材のにおいが一切しないこと。壁は調湿、消臭機能、耐久性に優れたシラス壁を使用。さらに壁の中に炭を入れることで調湿、消臭機能をアップさせるというこだわりをみせる。床材は、通常の住宅ではあまり使用しない桐をチョイス。桐が住宅に使われにくい理由は、施工時に傷がつきやすく、扱いにくいため。しかし、桐にはたくさんのメリットが。踏み心地は、他の木材よりも柔らかく、滑りにくく転びにくい。冬は暖かみを感じ、夏はじめっとした足裏をサラリとした触感に変えてくる。傷がつけば、軽くやすりで擦るだけで修正可能。音を抑える効果があるので、2世帯での悩みの一つ、騒音問題の解消にも繋がる…と良いことづくめ。住む人のことを一番に考えた自然素材を使うことで、健康的な生活をサポートしているのだ。室内の居心地の良さは、最新の空気集熱式「びおソーラー」システムの力も大きい。自然の力を使い、冬は暖かく、夏は涼しく快適に、室内を一定気温に保ってくれる最新設備も導入しており、家のどこにいても快適に過ごすことができる。

「住まいは人を育む」 風水で環境を整える

[フォスターハウス]が考える良い家とは、良い人格が形成される家。そのために風水の知識を住まいに取り入れている同社。人によって内容も変わる風水だが、すべてに共通して大事なのはしっかりと整頓されている家であること。物が多く片付いていない家は、どこか落ち着かない空間になり、パーソナルな部分にまで影響が及ぶんだとか。このモデルハウスは、片付けやすくするために、通常の住宅にある収納スペースよりもかなり多めにスペースを確保。ただ増やすのではなく、収納スペースの奥行きを60㎝以内に抑えることで利便性を追求した。必要な場所に必要な収納を。計算されて作られているので、自然と家が片付くようになっているという。収納だけではなく、間取りなどにも風水の知識を取り入れ、より家族に合った住まいを造れるのも、[フォスターハウス]が選ばれる大きな理由の一つだろう。

ペットとともに暮らす 生活感あるモデルハウス

実はこのモデルハウス、山本代表の新居も兼ねている。「お客様に勧める以上は、私が実際に住み心地を体感しないと。…とは建前で、自分たちが理想とする最高の家を建てました」と笑う。夫婦と娘+愛猫2匹と住んでおり、猫との生活が何より楽しいのだとか。リビングの高窓やキャットタワーなどは、ペットと暮らす快適な家を意識したからこそ。住む人に合わせた「人生の楽しみ」を住まいに組み込むことができるのは、注文住宅ならでは。実際の生活感も感じられるモデルハウスは、随時見学することが出来るので、ぜひ一度、足を運んでみて欲しい。

娘さんの寝室は、風水を元に部屋を配置。生年月日に基づき、本格的に間取りをつくる

この建築を手がけた会社

  • フォスターハウス 株式会社 基設計
  • 〒861-8013  熊本市東区弓削町854-1
  • 096-389-8738
  • http://www.motoisekkei.com