無機質な空間×有機的な美しさ。
グリーンが映える、眺めのいい部屋。

福岡の市街地が見渡せる小高い丘の上に建つ 築37年のヴィンテージマンションをリノベーション。 無機質な素材と有機的な美しさが調和するN邸です。

古くてもどこか面白い
ひとクセある物件を探して

南側に位置する部屋の壁を取り払い明るく広々としたLDKに。コンクリートの躯体はむき出しのままデザイン。日当りの良い窓辺は床にタイルを敷いてインナーバルコニーに。リビングの天井からも植物を下げられるよう、天井にディスプレイレールを配した

道を歩いていると何となく心惹かれるヴィンテージマンションを見かけることはないだろうか。新しくはないが、どこか洒落た感じがするとか、アイデア次第ではおもしろい方向へ転びそうな〝ひとクセ〟があるとか。


[コードスタイル]を通して中古物件を探していたNさんも、この〝ひとクセ〟を大事にしていた。「1つだけどこかに面白いポイントがあればそれでいい!」と。そして、Nさんの好奇心がくすぐられるひとクセを、南区の小高い丘に建つマンションは持っていた。
「築37年、室内は古くて昔ながらの間取りでしたが、何しろ眺めが最高でした。本当は広いハーフバルコニーがある部屋を探していたんですが、ここならはめ込み式の窓を活かしてインナーバルコニーを作ってもいいな、と。いろいろ創造が広がる物件でしたね」。
気がかりだった建物の耐震性能も免震構造により心配ないと判明。初めて物件を見た日から約4カ月後に売買契約、その翌月にリノベーション工事が始まった。
「最初は部分リノベを考えていたんですが、コードスタイルと感性が合うせいか、話をしていると僕らの気持ちもどんどん盛り上がるんです。で、思いきってフルリノベにしよう!と(笑)」とご主人。奥さまも「施工まで時間がけっこうあったので、自分たちで間取り図を描いて、そこにサイズを測って作ったミニチュア家具を置いてレイアウトをシミュレーションしたり、動線を確認したり。充実した時間でした」と振り返る。そして妥協せず、より良い空間にしたいというご夫妻の想いに応えるように、[コードスタイル]のモチベーションも上がったのだった。

コンセントやスイッチの
細かい位置は現場で確認

モルタルのキッチンカウンターに合わせ、壁はネイビーとグレーで塗装。造作棚を活かしたディスプレイも楽しめる。冷蔵庫などや食品類の棚は奥のバックヤードにレイアウト。キッチンまわりの片付けもスムーズに

コンセントやスイッチの位置、配線のデザインも、快適な住空間づくりには譲れない要素。Nさんご夫妻も施工現場に足を運び、自分たちの生活スタイルや動線を思い描きながら、新たに気づいた部分や変更したい部分はその場で伝えるようにしたという。
「コードスタイルのスタッフは現場での変更もイヤな顔ひとつせず、職人さんに伝えて交渉してくれたので助かりました」。
細部にも思い入れを込めて造り上げたわが家。Nさんは「これからも少しずつ手を加えながら、より良い空間に育てていけたら」と語る。窓辺の緑もまだまだ増える予定。いきいきと生命力あふれる植物の姿こそ、この空間がいかに心地いいかを語っている。

この建築を手がけた会社

  • CODE STYLE 株式会社コードスタイル
  • 〒810-0022  福岡市中央区薬院1-7-12-3階
  • 092-406-9451
  • http://codestyle-web.com