リノベがここまで進化をした!
断熱も耐震も新築並みのリノベ

大工の手仕事や心意気を大切にしながらも先進の技術を 取り入れるなど、住宅建築を知り尽くした[星和住研]。 新築で培ってきた技術と機能性をリノベの家にもフル活用 !

中古物件探しもプロに任せて
快適なリノベ住宅をつくろう

家族が増えて、家の中が賑やかになった。住み慣れたマンションも手狭になったし、次は一軒家を買おう。そのとき、新築とリノベならどちらを選ぶだろうか。断熱や耐震など家の機能性を考えると、費用を抑えられるリノベより多少高くても新築の方が安心と感じる人も多い。でも、もし新築と同様の機能や技術をリノベに取り入れることができるとしたら? それを実践しているのが、北九州の工務店[星和住研]だ。
長年、新築を手がけている[星和住研]だが、フルリノベも得意で、中古物件探しから不動産購入、リノベ工事まですべて請け負っている。Nさんご夫妻は子どもが将来通う学区を考慮した上で、[星和住研]と一緒に土地を見て回り、築35年の良好物件を見つけた。

目指したのは、何十年後も
リフォームをしなくていい家

とはいえ、当初は中古物件の寿命が気になったというご夫妻。[星和住研]は、築年数や立地だけでは見えない建築の耐震や老朽化の具合などを隅々まで丁寧に診断。そのときのことをご主人は、「社長の河原さんは、〝この家は基礎も構造もしっかりしているから、新たにお金をかけることなく建築工事ができるし、家が完成した後は飽きるまで住めますよ〟と診断をしてくれたんです。しかも、売り主に値段交渉までしてくれて。通常よりオトクに物件を購入することができ、その浮いた費用を工事に回すことができました」とうれしそうに話してくれた。

リノベに関しては「他の家にはない、インパクトある所を1つつくってください」とオーダー。そして生まれたのが、スキップダウンフロアのあるリビング。段差を付けることで、天井が高く開放感ある家に仕上げた。段差部分の収納には、奥さまも大助かり! 子どもたちにとっては、段差は遊び場。ジャンプしたり、大きな机として使うなど、創造性を育む場所となった。[星和住研]の印象について尋ねると「どの作業にどのくらい費用がかかるのかなど、見積もりの内訳も細かく記載してくれて、いろんな意味で信頼できると思いました。住み始めて随分経った今でも、連絡をしたらすぐに来てくれるんです」とご主人は満足そうな笑顔で応えてくれた。

この建築を手がけた会社

  • 星和住研 株式会社
  • 〒802-0974  福岡県北九州市小倉南区徳力1-12-6
  • 093-962-2323
  • http://www.e-seiwa.net