30年の蓄積とノウハウで
理想のキッチンづくりをサポート!

2018年2月、[プランナーズジャパン]は30周年を迎え“融合”をテーマに 新たな一歩を踏み出しました。30周年を機に待望のリニューアルを果たした 話題のショールームをほんの少しご紹介しましょう。

〝融合〟をテーマに新たな
ロゴ&ショールームに!

マンションのオリジナルキッチンや戸建のオーダーキッチンなどでの実績を重ね、フリーオーダーシステムキッチンを中心にオーダー洗面化粧台、特注家具の企画・製作・施工までをトータルで手がける[プランナーズジャパン]が、2018年2月、創業30周年を迎えた。この節目に際し、同社は新たなテーマである“融合”をコンセプトにロゴを一新。従来のロゴにあった「フレキシブル(柔軟に)」「センシブル(機能的)」に加え、「ポッシブル(実現可能)」という意味を持たせ、これからもずっと輝き続けたいという思いを込めてダイヤモンドを模したデザインを採用した。また、時を同じくしてショールームのリニューアルを実施。“融合”をテーマに、素材、デザイン、品質、機能面などを選りすぐった、これまでにない商品を展示している。

手打ちした一枚のステンレスとセラミックの相性が抜群な俺のキッチン。男性からの人気が高い

本当に必要なものだけを
取捨選択したキッチンづくり

一般的な家づくりにおいて、キッチンは既製品を〝選ぶ〟という選択が多いが、オーダーで〝創る〟という選択肢があるということを知っているだけでもこれからの家づくりは変わってくるだろう。その家で暮らす家族の構成や人数は少しずつ変化し、それに伴い料理の内容や量なども変わっていく。本来なら、“今”欲しいものだけでなく、“これから”のライフスタイルの変化に応じたキッチンづくりが必要だ。
そんなキッチンづくりを丁寧にサポートしてくれるのが[プランナーズジャパン]である。「30年間の蓄積があるからこそ、一人ひとりのお客様に最適な提案ができます。キッチンを買っていただくのではなく、理想のキッチンづくりをサポートしていくというイメージです。そして100%の予算で120%の満足度をめざしたいと考えています」と、コーディネーターの幸丸美恵子さん。機能性が高くても使う必要がなければ取り入れる意味はない。本当に必要なものは何なのか、一緒になって取捨選択してくれる、心強い味方なのだ。まずは、新しくなったショールーム(要予約)を訪れてみよう。キッチンは15セット、カップボード4セットなど、楽しいアイテムがいっぱい。そこから、本当に必要なキッチンづくりが始まるはずだ。

この建築を手がけた会社