軽やかな引き算のセンスで
アンティーク色を際立たせて

アンティークをキーワードに見つけた、奥さま好みの木と漆喰の家。 平屋風2階建ての高さを生かした空間設計と引き算の上手な 奥さまのセンスが相まって、アトリエのような心地よさ漂う住まいの誕生です。

ショールームをひと目見て
ここだ! と即決した家づくり

グリーンの瓦ととんがり屋根が目を引く、総漆喰の美しい外観。爽やかなワンピース姿が素敵な奥さまとブルーのシャツが似合うご主人、4才の誕生日を迎えた息子さんが元気に迎えてくれた。
5月末に入居したばかりというTさん一家。外構の部分はこれから仕上げていくそうだが、木製の玄関扉の向こうは、“アトリエやカフェのよう”という表現がぴったりのコーディネート空間が広がり、惹き込まれていく。
天井が高く、広々したシューズクロークのある玄関ホールを抜けると、手前にリビングが広がるLDK。右手には、「1階で生活できるようにしたかった」と奥さまの希望で主寝室が造られている。
「なんとなくで家造りをしたくなかった」と話す奥さまは、息子さんが幼稚園に上がる前にと、ご主人の仕事のつてで見つかった土地を購入。最初は展示会場にも足を運んでみたそうだが「好みのアンティークをキーワードに探したところ、うーの家がヒットして、ここだ! と思いました」と瞳を輝かせる。それからモデルハウスへ出かけ、内装や小物づかいを見たり、話を聞いていくうちに、ご主人も「モデルハウスを買いたくなるくらい、ハマッていった」のだとか。
そうして、T家の妥協のない家づくりは始まった。

デザインも住み心地も
納得の愛おしいわが家

アンティーク窓やブロカントな装飾が絵になるダイニング。家具は、little UK+やクランク、イール、シシングハーストなどで揃えたお気に入り

「打ち合わせでは要望をすべて伝えて、受けとめていただいた」とにっこりする奥さま。部分的にアンティークの飾り窓やガラスを使い、モデムなど生活感の出るものは全て隠して収納。調味料や鍋を置く場所など、機能面も含め細かな部分まで決め込んでいった。「漆喰、木の風合い、カーテンレールやドアノブ、スイッチ、小さなところまで、すべて好きなテイストで仕上がりました」。
もともとアパレルのデザインなどをしていた経験もあって、提案力も高い奥さま。[うーの家]の担当者も「センスがある方なので、こだわりの中にも引き算ができていて、それがさらっとオシャレにまとまっている。参考にしていただきたいお宅です」と話す。
家づくりの感想や住み心地について伺うと「うーの家さんからNOと言われたことがないんです。いつも何かしら答えをいただいて納得して進めてきたので、これが満足の家づくりができた一番の理由です。住んでみて感じているのは、漆喰の調湿・消臭効果で、部屋干しの洗濯物がカラッとふんわり仕上がるんですよ!あとは、裸足が気持ちいいこと、子どもが壁や床を傷つけても、補修しやすく味わいが増していくのも楽しみ。とにかく可愛いわが家です」と、愛おしさが込み上げる。
「落ち着いたら、ミシンを買ってカウンターでものづくりをしたり、ドライフラワーを天井にぶら下げたいです」と、今から楽しみもいっぱい。何より、ご家族の幸せに満ちた笑顔が、住まいをより魅力的に輝かせていた。

1階に置いた主寝室は、ゆとりのロフトと夫婦別々のウォークインクローゼットを設けた。
アンティークの飾り格子や木製のはしごなどが調和し、まるでセレクトショップのような装い!

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 うーの家
  • 〒818-0132  福岡県太宰府市国分2-1-9
  • 092-408-8082
  • http://www.woonoie.com