家の中と外が一体化した
オープンカフェスタイル!

Kさん夫妻は二人のお子さんの成長も考えて 家づくりを決意。「建てるなら木の家!」 そんな時に手にしたのは家づくりの夢が いっぱいに詰まったパンフレット。 その家は[篠原建設]の『樹ごこちの家』…。

キッチン横の壁には黒板クロスを採用。お子さんは落書きし放題。お子さんと一緒にイラストを描く奥さまも楽しそうだ

[篠原建設]の原動力は
家づくりに対する熱い想い

「篠原建設さんとの出会いは、たまたま目にした完成見学会のパンフレットだったんですよ。手描きであたたかみがあって…家づくりに対する想いが伝わってきましたね」。家づくりを考えていたKさん夫妻は、パンフを片手に見学会へ。「実際の家に触れ、木のあたたかみがあっていいなあと直感しました。その後、さらに詳しい話を聞きに事務所へと足を運んだのですが、みなさんがとてもアットホームな雰囲気でした。そして、社長さんの家に対する想いを聞いたんです。〝木は人間と一緒で呼吸しているんです〟、〝私たちがつくる家はお客様の夢をカタチにしたものです。だから私たちが建てた家で1つとして同じものはありません〟など、とてもとても熱いお話でした(笑)」。かくしてKさん夫妻は[篠原建設]と一緒に家づくりをスタートさせた。「〝こんなことがしたい〟と相談すると、いつも〝できると思います〟という答えをいただいていました。遠慮せずに話ができていましたね。だから、初めから私たちの理想の家ができるに違いないと感じていました」。

お客様の理想を実現し
心地よさと安心を提供する家

家族が集まるダイニングはいつもにこやかでにぎやか。横のカウンターは、お子さんたちのスタディスペースになる予定

住宅街の中にあって、黒い外観が一際目を引くKさん宅。お二人の理想は随所で実現されている。「平家だけど天井が高くて吹き抜けがある広い空間にしたかったのですが、当初は予算的に無理なのかなと思っていました。でも篠原建設さんとならできたんです! 家族がいつも一緒でいられるように、家全体を1つの部屋みたいにしたいという願いも叶いました」。外から見ると2階建てのようにも見える高さは吹き抜けの高さであり、余裕のある雰囲気を醸し出している。奥さまの希望であった「庭で子どもたちが遊んでいる姿を窓越しに見ながら、ごはんを作りたいなと思っていました」も実現。リビング~ウッドデッキ~庭へと続く広さを感じる景色は、奥さまが満足していることの1つだ。また、家事動線もしっかり考えられた家で、キッチンの前ではなく横にダイニングテーブルを置くようにしたのは、より素早く食事の準備や後片付けをするため。ちょうどキッチンの裏側に配置された家事室は水回りや子ども部屋ともつながっていて、奥さまの無駄のない動きをサポートしている。
ご家族は昨年12月から新居での暮らしをスタート。日々の暮らしやすさとともに心地よさも実感されているとのこと。「冬は家の中は全然寒くなかったんですよ。それで薄着で外に出たら〝寒っ〟みたいな(笑)。梅雨の時期の今も、部屋の中はカラッとしてますよね。床も肌触りがよくて、寒い時も暑い時も裸足です」。それを可能にしているのは、国産の天然無垢材、断熱材のセルローズファイバーなどの自然素材を使用しているから。さらに、シロアリ、腐れに強い建材『緑の柱』、壁には耐力面材を施工するなど家の構造にも余念はない。[篠原建設]の標準仕様は、住み心地がよく、安心・安全な家を約束するものなのだ。

ご家族のためだけに作られた
世界で1つの『樹ごこちの家』

和室というよりも〝和コーナー〟というスペースには、ご主人の書斎的な机も造作。「子どもたちが小さいので便利な場所ですね」

「僕は仕事が終わったら急いで家に帰ってくるようになりました。こどもたちは庭で走り回ったり砂遊びしたり…それをウッドデッキに座ってビール飲みながら眺めてます(笑)。ウッドデッキのハンモックもいいですよ~」。そんなご主人の話を横で聞く[篠原建設]のスタッフ・篠原亜由美さんもうれしそうだ。「家の中と外を別々に考える方もいらっしゃいますが、Kさん夫妻の家は家の中も外も一体で楽しむ家。庭、ウッドデッキ、リビングがつながっているオープンカフェみたいなおしゃれな家ですね。Kさん宅で完成見学会を行なった時は『ブルックリンカフェスタイルの男前な家』と名づけてご紹介しましたよ(笑)」。
[篠原建設]の家づくりには、決まったフォーマットがなく、すべてが自由。お客様それぞれに異なる夢・希望・こだわりを実現するために、1軒ごとの“プロジェクト制”だと考えている。プロジェクトリーダーはお客様自身。専門スタッフはそれぞれプロジェクトメンバーとして家づくりに参加する…それが[篠原建設]がずっと手がけている『樹ごこちの家』。ご夫妻はスタッフと一緒に、他のどこにもない世界で1つの『樹ごこちの家』をつくりあげたのだ。

この建築を手がけた会社

  • 樹ごこちの家 株式会社 篠原建設
  • 〒822-0122  福岡県宮若市下837-4
  • 0949-52-2631
  • http://www.kigokochi.jp