美しく住まうための
シーンを彩って

直感で選んだキッチンやソファコーナーをフォーカルポイントに、 家事動線を決めたら、美しく機能的な住空間が完成。 家中、お手本にしたいH邸です。

デザインと機能性がとけ合う
バリアフリーの家づくり

存在感のあるセラミックキッチンと飾り扉を付けたオープンスタイルのキッチンを主役にしたダイニング。テーブルなどの家具は筑後の高野木工で揃えた手持ちのもの

真っ白な塗り壁のすっきりとした佇まい。エントランスを抜けると、自転車がディスプレイされた壁の奥に、シューズクロークのスペースが伸びやかに続く。玄関扉の向こうは、リビング階段のあるLDKが横長に広がり、まず目に飛び込んでくるのは、墨色のソリッドなセラミック素材のキッチン。
リビング側には腰窓とソファの幅を合わせ、シンメトリーにレイアウトされたリラックスコーナーがあり、海外のインテリア誌に出てくるような洗練感に心奪われる。
Hさん一家は、男女ふたりのお子さんとご夫婦の4人家族。「同世代の友人たちが家を建て始めて、そろそろかなと思って」と、展示会場巡りなどを始めたのが3年ほど前。『家づくりの本』も参考に、ご夫婦ともに気になった[タカノホーム]を訪ねてみたところ、「センスもスタッフの方の人柄もよく、話が合いそう」と即決。土地が見つかったのを機に、あっという間にプランは進んでいったそう。
コンセプトは「将来を見越して、バリアフリーにすること」。あとは、ご夫婦好みのライフスタイルデザイナーと相談しながら、安心して造り込んでいったという。

家事も子育てもしやすい
思い描いた理想の暮らし

お子さんたちに目の行き届く間取りに。階段の黒の手すりも危なくないように丸形のソフトな素材をセレクトした

「家事室と家事動線をまとめて、生活感が出ないように」。「キッチンから和室やデッキなどにいる子どもたちの様子がわかるリビングに」など、奥さまは基本的に家族が1階に集える間取りを希望。デッキは軒を深くして、雨や日射しを防ぎ、プライバシーの保護もカバー。2階は主寝室とトイレ、子ども部屋を予定したフリースペースというシンプルなレイアウトに落ち着いた。
ご主人は、かつて実家のお風呂場と洗面所が一緒だったことから、使いやすさを考えてセパレートをリクエストしたそう。
「棟上げの時、家族みんなで屋根に上って餅まきをしたんですよ。ご近所さんも来てくださって、大工さんたちにも挨拶できる機会でしたし、工事中も、トイレの扉をもう少し広くしましょうかと言って手直ししてくださったり、コミュニケーションがとれて、いい思い出になりました」と振り返りながら、入居して1年半の住み心地について話してくれた。
「自然素材の木の家は、家事も子育てもしやすいです。足触りも心地よくて…。窓際のソファは収納もできて、入浴後の子どもの着替えや読み聞かせの時にも活躍して便利です。写真が趣味なので撮影スポットにも(笑)。主人は休みの日に、2階のフリースペースで子どもたちと遊んでくれます。私は、長女とクッキーを作ったり、苦手な料理をがんばろうという気持ちになりました」と微笑む。
「強いて言えば、夫婦で洋服好きなので、ウィークインクローゼットをもう少し広く採ればよかったかなというくらいです」と付け加えながら、納得のいく家づくりができたと頷くHさんご夫婦。
今後は、デッキの前にタイルを敷き、バーベキューができるスペースを設けたいそう。美しく機能的に暮らせるよう配慮された住空間は、暮らすほどに家族の時間を深め、特別なものにしている。

この建築を手がけた会社