吹き抜けとスキップフロア
明るくて楽しくて快適な木の家

ご夫婦とお子さん二人が暮らすMさん宅。 〝人に優しい住まいづくり〟を目指す[エコハウス]と 一緒につくりあげたのは開放感のあるリビングの吹き抜けと スキップフロアが自慢のあたたかな家だ。

お子さんが安心して遊ぶ
楽しいスキップフロア

対面式のキッチン横には、便利なパントリーを配置。奥にある勝手口も使い勝手がいい

「いつか家を建てるのなら、早いほうがいいのかなと思い、家づくりを決意しました。エコハウスさんにお願いした理由は、最終的には営業の高橋さんの人柄かな(笑)。たくさん無理を聞いてくださいました。間取りの変更や、地鎮祭の後に駐車時の場所を変えたりもしたんですよ」。そしてこの春、リビングの吹き抜けとスキップフロアが印象的な、プロヴァンス風の明るい家が生まれた。「木の感じを生かし、光がたくさん入る開放的な雰囲気にしたかったんです。スキップフロアもぜひ作りたかったものですね。普通の1階、2階の感じだと楽しくなさそうなので(笑)」。スキップフロアは、今はお子さんの遊び場だ。スキップフロアと階段の下は半地下室のような大きな収納になっている。「ここは僕がこだわった部分なんですよ。コンクリート打ちっぱなしのようなクロスを張り、トグルスイッチを付けています(笑)」。このお話からだけでも、家づくりの楽しさが伝わってくるようだ。

玄関から直接アクセスできる洗面台。木のぬくもりとやわらかさを生かした造作だ

楽しくて暮らしに便利で
快適に過ごせる家

「キッチンから部屋を見渡せて、いつでも子どもが見えるようにもお願いしました」と奥さま。さらにキッチンを中心に考えられた生活動線など、楽しい家であると同時に日々の暮らしに便利な家でもある。また、酷暑だったこの夏を、エアコン1台でまかなえたとのこと。標準仕様のアクアフォーム断熱材、アルミ・樹脂複合サッシ、Low-Eガラスなどが快適な暮らしを実現しているのだ。「同世代で家を建てた友人の家に遊びに行ったりもしますが、我が家が一番だと思ってます(笑)」。
春からの新しい暮らしの中、お子さんたちは家の中を走りまわるようになったそうだ。そして「主人はDIYに目覚めたみたいです。子どもたちの座る小さなイスや、玄関先の棚を作ってくれましたよ。私は和室に寝転がって、リビングの上の窓から見える空に感動してます(笑)」。[エコハウス]がMさん一家と一緒につくった家では、楽しい時間がこれからもずっと紡がれていくに違いない。

大きな物も収納できるスキップフロア下の収納スペース。秘密基地のような雰囲気で、ご主人自慢の場所だ

この建築を手がけた会社